fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

トヨタEV 30車種投入に対して豊田章男社長「モリゾウのホンネは?」

度肝を抜かれるトヨタEV30車種発売という
ニュースが業界を駆け巡りましたが、
モータージャーナリストの山本晋也氏が豊田章男社長に
切り込んでいるインタビューが興味深いので紹介します。
トヨタ EV群 30車種




。質問をしたのは、モータージャーナリストで自動車研究家の山本シンヤ氏。山本氏は、「今回かなり具体的な話がたくさん発表されて僕ら驚いているんですけど、ただ僕がちょっと気になるのはまだ社長の本心が聞けてないなというところだと思ってます」と質問を切り出した。
自動車ジャーナリスト山本晋也氏

 山本氏は、「例えば水素とかハイブリッドの場合は割と思いであったり、気持ちっていうのもかなり本音としてあるようなところで発表されていると思うんですけど、EVはやってますよという、割とビジネスライクというかリアリティというかその辺のコメントが非常に多いような気がしてます。今回お聞きしたいのですが、社長にとってEVは好きなのか嫌いなのか、こういうところを社長として。答えにくいのであればモリゾウとしてでも構いませんので、お答えいただけるとうれしいです。よろしくお願いします」と質問を続けた。
トヨタEV 30車種

 中略
トヨタEV 30車種

 豊田章男社長は、一瞬考えた後、バッテリEVに関しての自分の気持ちを語り始めた。

豊田章男社長の回答
 素晴らしい質問ですね。あえて言うならね、あえて言うなら、今までのトヨタのEVには興味がなかった。そして、これから作るEVには興味があるというのが答えだと思います。
トヨタEV 30車種

 それはなぜか。私が最初に乗ったトヨタのEVはRAV4 EVですけど、あのときはまだ私自身クルマの運転なんか分かっていない時代でした。あのときの試乗感想なんて、どうしようもないと思います。

 ある程度レベルアップしたのが86の電気自動車を仕立ててくれて、ここのメガウェブで初めて乗ったのが何年前か忘れましたけど。そのときの私のコメントは「電気自動車だね」って言ったんですよ。

 私、電気自動車になりますと、すべて電気自動車になっちゃうんですね。そうなるとわれわれレクサス、トヨタというブランドメーカーでやっている中において、トヨタらしさ、レクサスらしさを追求しているメーカーが電気自動車になるとコモディティになってしまう。
トヨタEV 30車種

 これが山本シンヤさん言われるように、ちょっとビジネス的には応援するけど、モリゾウとしてどうなのよという本音を見抜かれたんじゃないかなと思ってます。

 私はマスタードライバーをやってますけど、マスタードライバーでのトレーニングや技能習熟はずっとFR車でやってまいりました。

 ところがFR車からですね、最近自ら出場するラリーやスーパー耐久、モータースポーツの場においてはFR車から自らの相棒を4WD車に変更して乗り始めてるんですね。

 そこでこのマスタードライバーの感性がちょっと変わってきたところは、電気モーターの効率というものがガソリン車に比べてはるかに高いと思います。ある面、4WDのプラットフォームを1つ作れば、制御によってFRにもなれば4WDにもなる。そんな制御をもってすれば、モリゾウがどこのサーキットへ行っても、どこのラリー場に行っても結構安全に速く走れるんじゃないかなと。
トヨタEV 30車種

 かつですね、全日本ではノリさんが優勝されました(勝田範彦選手が4WDのGRヤリスでチャンピオンを獲得)。そして、サーキットの場ではルーキーレーシングのドライバーが活躍しているわけですが、そういうプロのドライバーの運転技能というのを織り込んで、より安全でよりファントゥドライブなクルマができるんじゃないのかなという期待値とともに、私のようなジェントルマンドライバーがドライであろうがウェットであろうが、サーキットであろうが山岳路であろうが雪道だろうが、いろんな道をより安全に速く走れるファントゥドライブなクルマが、このプラットフォームによって作れる可能性が出てきた。これが大きな変化点だと思います。
 ただ制御だけで味付けしたところで、伸びたうどんに天ぷらを入れているようなもんなんですね。ですけど、この数十年TNGAはじめトヨタはベース骨格、足まわり、ボディ剛性など、本当にもっといいクルマを作ろうよという掛け声のもとに、本当に地道な改善を積み重ねてまいりました。
 下山テストコースも作り上げ、よりクルマに厳しい条件でのクルマ作りが始まっております。そんな中で、そろそろですね、より安全な、そしてまた速く走れ、そしてよりファントゥドライブなクルマを作れるということで、これからのBEVも含めトヨタのクルマには期待をしてる。

 大きくビジネスマターではなくて、ドライバーモリゾウとしてもそんなクルマあったら面白いなと。将来、自動運転になっても、「やっぱりクルマ屋が作る自動運転でちょっと違うよね」というところを織り込むためにも、BEVだって本気でやってますよ、FC・PHEVも本気でやってますよ、ハイブリッドだって本気ですよと。
豊田章男 トヨタ社長

 何よりも音が出るガソリンくさいガソリン車だって、まだまだ本気ですよ。というようなところは、一切モリゾウとしてもトヨタの社長としても変化はございません。ただ、しつこいですけど、どの分野においても仲間とともに一生懸命やっています。

 そしてお客さんに選んでいただけるものは、「笑顔になっていただきたい、商品を提供したい」と思っておりますので、それはやっぱり作り手が一生懸命気持ちを込めて作ったものを提供していく、それを選んでいただく。

 そこは(お客さまの選択に関しては)われわれではどうしようもないですから、全方位でやらしていただいているということであります。
➡︎□元記事に



一旦、ありとあらゆる(SUVだけでなく、
小型車からピックアップトラック、
更にはFJクルーザーらしきものから、レクサスのスポーツカー、
商用車2車種までラインナップされています)車種を取り揃えています。

章男社長がインタビュー内で言うように4wdの良いBEVプラットフォーム
ができれば、FRもできる、そうすればあらゆる車種がカバーできると
いう事だと思います。

但しモリゾウとしてEVの運転が好きか?となるとやや歯切れが
悪いように思います。
ビジネスとしてのEVはトヨタとして本気でやっていくというのは、
社長として本音だと思いますが、モリゾウとしては、本当のトヨタ
らしいクルマは未だ内燃機関を積んだ車であると思っている節が感じられます。
(EVになると「コモディティになってしまう」という言葉に本音が出ています。
「伸びたうどんに天ぷらを入れたようなもの」という表現も現状のトヨタBEV
の限界を表しているようにも聞こえます)
そいういう意味で章男社長からすれば三菱の電動化技術は「コモディティ」でない
とても羨ましいものに映っているのかもしれません。


トヨタの得意な「ベース骨格、足まわり、ボディ剛性など」に
電動車両の安全性や環境性を際立たせて、更に差別化するための
全固体電池の開発が完成した暁に初めて章男社長の言う
「ファントゥドライブ」な電気自動車ができるのではないでしょうか。
個人的にはそれにはもう少し時間がかかりそうに思います。
この30車種の最後ぐらいに凄いEVが現れる事を期待します。

世界のトヨタ、日本モノづくりの代表として頑張って欲しいです。

トヨタ bz4x  スバル ソルテラsolterraの比較 違い


➡︎□スバルとの共同開発EV bz4x

三菱新型アウトランダーPHEV vs トヨタRAV4PHV

➡︎□山本晋也氏新型アウトランダーPHEVのライバルはトヨタRAV4PHVにあらず説
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する