fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ブレードランナーのスピナー登場?キャデラックのEVコンセプトカー「インナースペース」

まるで映画「ブレードランナー」に出てくる空飛ぶクルマ「スピナー」の様な
EVコンセプトカー「インナースペース」が、GMグループ「キャデラック」から
今年のCESで公開されたので紹介します。



キャデラックは、極めてドラマチックな外観の2人乗り自律走行ラグジュアリーEVのコンセプトカー「インナースペース」をリモートでの参加となったデジタル技術見本市「CES 2022」で発表した。
キャデラック インナースペース cadillac innerspace

「インナースペース」は、完全自律走行モビリティが可能にするプライベートな時間の増加とともに、ドライビング・エクスペリエンスを向上させるために設計された最先端技術を活用し、ラグジュアリーな環境で移動するだけでなく、乗員の幸福度を高めることを想定した「Cadillac Halo Concept」のラインアップを拡充するもの。これらのポートフォリオは、さまざまな個人に向けた自律走行のオプションや先進的なコネクテッド・ビークルの機能を搭載し、未来の可能性を示唆している。
キャデラック インナースペース cadillac innerspace
(Cadillac Halo Concept)

GMグローバル・アドバンスト・デザイン・アンド・グローバル・アーキテクチャー・スタジオ エグゼクティブ・ディレクターのブライアン・ネスビット氏は、以下のように述べている。
キャデラック インナースペース cadillac innerspace

「『Cadillac Halo Concept』の車両は、斬新な手法によって楽に移動できるように設計されています。これらは次の10年後、そしてその先のビジョンであり、事故ゼロ、排出ゼロ、混雑ゼロの世界の実現に向けて、自律走行技術に対するGMの包括的な取り組みがもたらす可能性を示しています」

キャデラックは昨年の「CES 2021」で、最初の2つの「Halo Concept」を発表した。1人乗りの「パーソナルスペース(PersonalSpace)」は、地上交通における騒音と渋滞の上空を移動できるよう設計された垂直離着陸(VTOL)機。もう一方の「ソーシャルスペース(SocialSpace)」は、最大6名が乗車可能な広々した自律走行車で、リラックスとリチャージを提供できるようにデザインされている。

中略
キャデラック インナースペース cadillac innerspace

キャデラックの歴史の初期にあった、コンパクトでパーソナルなモデル“ラナバウト”は、顧客に新しくより広い領域を探求していただくためのモデルであった。新しい「インナースペース」コンセプトでは、このビジョンを再構築し、自律走行によって 2人の乗員は運転ではなく移動そのものに集中することが可能になる。

「インナースペース」の完全自律走行の機能は、キャデラックならではのラグジュアリーな体験に新たな次元を加える、よりパーソナルでカスタマイズされた体験によって、車内だけでなく周囲の世界もより広く知ることができる。

中略
キャデラック インナースペース cadillac innerspace

「アルティウム(Ultium)」プラットフォームのワイヤレスバッテリー管理システムにより、バッテリーモジュールはコンセプトカー全体に分配配置され、デザイナーはキャビンの広さと静粛性を最適化することができた。このような設計の自由度によって、フロアの薄型化も可能になり、スポーツカーのような超低位のシーティングポジションが実現した。

キャデラック インナースペース cadillac innerspace

劇的にデザインされた「インナースペース」のエクステリアは、ルーフとボディ側面の一部に大型パノラマガラスを搭載しており、ほとんど遮るものがない景色を楽しめる。ドアと同時にルーフが開くため、より快適に乗り降りでき、ドア開放時にはシートが外側に回転するため、乗降性が高められている。

キャデラック インナースペース cadillac innerspace

➡□元記事に



久々に度肝を抜かれる未来的なコンセプトカーです。
2020年に公表された「リリックLyric」ですら凄いEVだと思ったのですが、
その上をいく未来のクルマの具現化案です。
特にこの大きなクルマを2人乗りに割り切り、まるでリビングのソファーの
様なコックピットと、それが割れて、ガルウイングドアおよび。
ルーフが跳ね上がり乗り降りできるのは、非常に未来的です。

GMが誇る最大450マイル(720km)の航続距離を実現する
「アルティウム」バッテリーシステム が積まれています。
とにかく大きいことが好きなアメリカ人らしい電動車両です。
これが積まれた電動ハマーと共に、米国の環境規制の中
大型EVがブイブイ走る様な日が来るのでしょうか?

注目です。
ちなみに「ブレードランナー」のスピナーは、映画の中ではプジョー製という
設定です。


米国ゼネラルモーターズ GM からgmへ

➡︎□GMが電動車両メーカーにイメージチェンジ

GMC hammer EV ハマーEV

➡︎□GM電動ハマーは約1200万円也

GM キャデラック EV「リリック」Lyriq

➡︎□キャデラック 最新技術てんこ盛り「リリック」が凄いかも

GM キャデラックlyriq リリック

➡︎□搭載電池最大は新型アウトランダーPHEVの10倍にもGMアルティウム バッテリーシステム

ブレードランナー2049 クルマ スピナー プジョー

➡︎◻︎ブレードランナー2049の空飛ぶパトカー(スピナー)はプジョー製の設定

空飛ぶクルマ車の衝撃

➡︎◻︎急に現実を帯びる空飛ぶクルマ

スターウォーズ ランドスピーダー
➡︎◻︎スターウォーズ ランドスピーダー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する