'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

竹岡圭氏2021年のマイベストはアウトランダーPHEV「世界よ、これが日本のPHEVSUVだ!」

少し古い記事ですが、2021年のマイベストカーに
新型アウトランダーPHEVを挙げているのが竹岡圭氏です。
何とその下がランボルギーニとポルシェタイカンだというのですから、
小気味が良いではありませんか!



ランボルギーニ ウラカンSTO ポルシェタイカン グランツーリスモ
(上ランボルギーニ 下ポルシェ)
第3位:ランボルギーニ・ウラカンSTO

第2位:ポルシェ・タイカン クロスツーリスモ

第1位:三菱アウトランダーPHEV
「ドライビングが楽しめる4WDの絶妙な制御は感動レベル!」
三菱新型アウトランダーPHEV22型 TVCM 広告 Mitsubishi all new outlander phev

初めて乗った時にあの走りの性能の高さに唸らされました。
S-AWC。三菱自動車が長年ダカールラリーという過酷なシーンで培ってきた4WD性能と、
WRCというハードなシーンで輝いてきた4WD性能と。
そしてここに近年はi-MiEV(からといっていいかな?)で始まったEV性能を、
見事に掛け合わせて昇華させて、こんな走りを作り上げるとは!
今の時代、絶対滑らせない安全安定的な方向だけに向かいがちなところ、
クルマの運転はドライバーが主役! 滑らせてでも安心感を持たせつつ、
ドライビングを楽しめるレベルでサポートするって、すごく微妙で繊細な制御が必要で、
とんでもなく難しいことだと思うんですけれど、それを具現化してまとめあげてくるって、
いやね、もう感動レベルだと思います。
三菱新型アウトランダーPHEV インストルメントパネル Mitsubishi outlander phev instrument panel

そんな走りの性能に加えて、今回はデザインもかなり力が入ってますよね。
誤解を恐れずに正直に言っちゃうと、先代モデルも欧州なんかでも注目度が高かったのですが
「インテリアがねぇ、ちょっとね~」ということで、
某駆け抜ける歓びのメーカーのPHV SUVに、販売面で負けちゃってたんだそうです。
でもこれなら勝負できるんじゃないかな?! 日本車の底力を世界中に見せつけちゃってほしいですね!

➡︎□元記事に




駆け抜ける喜びはBMWです。


三菱自動車 黄金期1990年代

➡︎三菱黄金の1990年代の名車5選
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する