fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

新型アウトランダーPHEV 22型 初給油(ガソリンタンク大容量化で総航続距離向上)

新型アウトランダーPHEV 22型が小生宅にも納車されました。
バッテリーには電気が一杯入っていましたが、ガソリンタンクには
ガソリンは少量しか入っていなく、給油ランプが着いてしまいました。

そこで、ガソリンスタンドでの初給油です。
新型アウトランダーPHEV 22型 給油ボタン
新型アウトランダーPHEVのフュエルリッドオープンスイッチは、
従来の足元ではなくかがまなくて良いこの位置に。
何とマルチインフォメーションに「給油準備が完了しました」
との表示が。
新型アウトランダーPHEV 22型 給油リッド
今回の新型アウトランダーPHEV、旧型同様左に給油リッド右側に充電リッドがあります。

リッドの中は見たことないこんな感じでした!
キャップは非常に軽く、樹脂では無くアルミ素材でした。
今までこういう体裁のクルマには乗った事が無かったので新鮮です。
キャップをホールドする場所もありました。

アルミフュエルフィラーキャップ
Amazonには三菱の北米輸出用アルミフュエルフィラーキャップというものがありましたので、
輸出向け新型ガソリンアウトランダー用と今回は共用という事でしょうか。
日産やトヨタ用にはカッコいい純正オプションも売られていました。



新型アウトランダーPHEV 22型 給油 ガソリンタンク容量 航続距離

何と55リッターも入りました!諸元ではタンク容量が大きくなって「56ℓ」
とありますのでほぼそれと同様でした。
可能な総航続距離は667キロと表示されました。
これは、燃費が17km/ℓ近く行けば1000キロも現実味のある数字です。
東京大阪往復の数字です。
正にグランドツアラーです。
この時のバッテリーEV航続距離は、残り半分ぐらい34kmです。
今後満充電での実際のEV航続距離(カタログ値83km)にも注目していきたいです。

新型アウトランダーPHEV 22型 三菱コネクト マイカーステータス 航続距離
追記 少し走った後、三菱コネクトを見ると
航続距離が700km台になっていました。




三菱新型アウトランダーPHEV 新型と現行の違い


➡︎□新旧アウトランダーPHEV諸元比較


ガソリン高騰 バイデン岸田備蓄原油放出


➡︎□2021年記述、空前のガソリン高騰だからこそツインエネルギー車アウトランダーPHEVの出番


追記
新型アウトランダーPHEV22型 all new Mitsubishi outlander phev japan PHEVブログ
納車後、遂に休みを迎えたので早朝ブログトップページ用に
写真を撮ってきました。4枚アップしました(@汐留イタリア街)
お時間あればご覧下さい
➡︎PHEVブログトップページに
走行レビューは追々書きますが、
結論だけ言うと「笑えてくる程、凄く良い」です!
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する