fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱自動車、インドネシアの超お役立ち企業「ゴジェック」と商用EVで実験

インドネシアでは
「これがないと生きてゆけない」とまで言われる会社が
「ゴジェック」です。
今回三菱がこことEVの実証実験を開始します。




三菱自動車は14日、インドネシアで配車大手ゴジェックなどの現地企業4社と商用電気自動車EV)の実証実験を3月中にも始めると発表した。ゴジェックや物流大手の輸送に三菱自の軽自動車サイズのEVを使ってもらい、インドネシアの充電環境や効率的な配送経路のデータを集める。三菱自が出資先のゴジェックと協業するのは初めて。
三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア

三菱自のインドネシアの販売会社が、ゴジェックのほか郵便会社のポス・インドネシアと独物流大手DHLの現地法人、配送電などのハレヨラ・パワーの計4社と実証実験の覚書を結んだ。各社が三菱自が軽自動車の規格で販売するEV「ミニキャブ・ミーブ」をそれぞれ1台、荷物の輸送などに使う。
三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア

実験では商用EVが1日あたりに走る距離や、充電器などインフラの使い勝手、EV電池が同国の気候で性能を発揮するかなどを調べる。将来のインドネシアでのEV販売につなげる狙いがある。三菱自は国内の大手車メーカーでは唯一、軽サイズの商用EVを手がけており国内外で商用EVの売り込みを強めている。
三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア

三菱自は2019年7月にゴジェックへの少額出資と提携を発表したが、新型コロナウイルスの感染拡大もあって協業の進展が遅れていた。ゴジェックは同社とネット通販大手トコペディアが経営統合したGoTo(ゴートゥー)傘下で配車や食品宅配を手がける。


➡□元記事日経へ




かつて小生ジャカルタに出張時に体感したのですが、
インドネシアは、基本バイク社会で(急速に自動車化していますが)
多くの方が通勤にゴジェックのバイクタクシーを使っています。
ゴジェックの緑のヘルメットを被ったバイクの後ろに乗って
ものすごい数の人が行き来します。

なので周りをゴジェックのバイクに取り囲まれる
クルマに乗っている方も非常に怖いです (笑

インドネシアは早晩、バイクからクルマに転換が進むと予想されます。
その時にEVインフラが、持続可能社会に貢献すると思われます。

ゴジェックはバイクタクシーで国民に親しまれているのですが、
タクシーやクルマの配車だけをしているわけではありません。
デリバリー、スマホキャッシュレス決済、クリーニング、美容院や病院の予約
までやっています。(Googleや中国テンセントが出資)
今やインドネシア国民のインフラ、プラットフォームです。


そいういう意味でEVの実証をするのには、データを持っている
ゴジェックと組むのは理想的なのかもしれません。
ちなみにトヨタはアジアでのゴジェックの競合シンガポールの「グラブ」
に出資しています。

アジアを舞台にした「G vsG」対決も注目です。

三菱新型エクスパンダー new Mitsubishi Xpander 2021

➡︎□新型三菱エクスパンダー ジャカルタに登場

ジャカルタ インドネシア 三菱エクスパンダー xpander

➡︎□小生ジャカルタに出張時 三菱エクスパンダーに遭遇


三菱 ジャカルタ

➡︎◻︎小生が出張時に見た、ジャカルタクルマ事情2016

横浜スタジアム 日本シリーズ2017 ベイスターズvsダイエーホークス 4戦


➡︎□日本シリーズ第4戦@横浜スタジアム観戦2017年

➡□元記事に

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する