fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ルノー新型SUV「オーストラル」は「アウトランダー」の純粋兄弟車ではなかった。

小生、早とちりをしておりました。
ルノーから発売される新型SUVオーストラル」は、
三菱アウトランダーや日産エクストレイルと同じプラットフォーム
「CMF-CD」を使用と聞いて、
てっきりパワートレインやインテリアを共通化した、
日産新型エクストレイルの様な兄弟車と思っていたのですが、
違うクルマでした。




ルノーは2022年3月8日(現地時間)、新型SUV「Austral(オーストラル)」をオンラインで発表した。欧州では2022年半ばに注文受け付けを開始し、同年秋に納車を開始する予定だ。

ルノーオーストラル新型SUV

 工夫が凝らされた内外装デザイン今回発表されたルノーオーストラルは、アライアンスパートナーである日産および三菱と共同開発した「CMF-CD」プラットフォームを用いたCセグメントSUV
 日本にも導入されていたSUV「カジャー」の後継モデルにあたる。エクステリアにおけるデザインのキーワードは「アスレチックSUV」。ルノーが「SENSUAL TECH」=官能的な技術と呼ぶ新しいデザイン言語を用いて、曲線的で官能的なフォルムを構築したと紹介されている。
 左右に広がるフロントグリルの中に、CシェイプドデザインのLEDヘッドランプが組み込まれたような造形が特徴だ。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4510×1825×1618mmで、ホイールベースは2667mmと発表されている。高級化を推し進めたというインテリアデザインも、オーストラルのセリングポイントである。
ルノーがハイテクコックピットと呼ぶ運転席まわりは、12.3インチのメーターディスプレイと12インチの垂直マルチメディアスクリーンを組み合わせた大きな「OpenRスクリーン」を中心に構築されている。
ルノーオーストラル新型SUV

 OpenRスクリーンは、自己調整型の照度機能が組み込まれた低反射品質の液晶パネルを使用。これまでの車両で一般的だったバイザー類を装備する必要がなくなったことでより広い空間が得られ、ダッシュボードが浮いているような特徴的でスタイリッシュなデザインが可能になったという。
 フロントガラスを通して投影される、新しい9.3インチのヘッドアップディスプレイも備わる。トリムには本物の木材や革、アルカンターラ、パッド入りのテキスタイル、ディープグロスブラックとサテンクロームラッカー仕上げのハイライトなどが用いられており、質感の高さもうたわれている。
「LIVING LIGHTS」と呼ばれるカスタマイズ可能な照明システムも用意される。
3種類の電動パワートレインを設定オーストラルには、3種類の電動パワートレインが設定されている。
 ひとつはルノーがF1で培ったノウハウを活用したとアピールされるフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」で、これは1.2リッター直3ターボエンジンと容量1.7 kWhの400Vリチウムイオンバッテリー、電子制御ドグクラッチマルチモードATで構成されている。システム最高出力は200HPで、駆動方式はFFとなる。
 2つ目は1.2リッター直3ターボエンジンにベルト一体型スターター/ジェネレーターを組み合わせ、48Vリチウムイオンバッテリーを搭載する最高出力130HPのマイルドハイブリッド
 3つ目は独ダイムラーとの共同開発となる1.3リッター直4ターボエンジンにスターターモーターを組み合わせ、12Vリチウムイオンバッテリーを搭載するマイルドハイブリッドである。 1.3リッターのマイルドハイブリッドは、最高出力が140HPと160HPの2種類が設定されている。エコ/コンフォート/スポーツの3つのプリセット運転モードを備えた「マルチセンスアドバンストテクノロジー」や4輪操舵システム「4コントロール アドバンスト」が搭載されているのも同車のトピックである。
 また、ルノー車として初めてアルピーヌのスポーツDNAからインスピレーションを得たとされる「Esprit Alpine(エスプリアルピーヌ)」仕様も設定。サテングレーの外装色やブラックのトリム加飾、アルピーヌのロゴ入り20インチホイール、ブルーステッチが施されたアルカンターラシートなどが装備される。日本への導入は未定。

➡︎□元記事に



同じプラットフォームを使っていますが、随分小さなエンジンが積まれています。
これは新型アウトランダーPHEVの三菱が誇るPHEVシステムを
積めるクルマではないな、と思います。

三菱はアライアンスの決まりで新型アウトランダーPHEVをEUには、
輸出しない(日本からの輸出新車凍結)となっています。
PHEVが世界で1番売れる(ニーズのある)エリアに、
この素晴らしいシステムが導入できないのはいかがなものかと思います。
ルノーのクルマに乗せてでもEUの方に乗ってほしい、そんな素晴らしい
システムです。
別の車種が将来導入されるのか?それとも要望が強ければ新車輸出解禁か?
非常に気になるところです。
少なくともこの「オーストラル」ではない事は確かです。


ルノーオーストラル 新型アウトランダーPHEV

➡︎□ルノー新型SUVオーストラルの過去記述


ルノー 日産 三菱アライアンス 電動車両 EV PHEV

三菱ルノーOEM 欧州2車種 ASX RVR

➡︎□テスラを脅かすのは、トヨタではなくルノー日産三菱連合か?


➡︎□三菱、2023ー欧州に2車種ルノーOEMによる2車種投入予定
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する