fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです

EVのサブスク&リース販売は普及を妨げる諸刃の剣だった?説

EVの販売方法についての、
鋭いご指摘をされているのが御堀直嗣氏です。
ご紹介します。




トヨタ初の電気自動車EV)であるbZ4Xと、イタリアのフィアット初のEVである500eの販売は、いずれもサブスクリプション(定額支払い)やリースによる。そこで、EVの利用はサブスクリプションとなっていくのかと思う人もあるようだ。
日本で買えるBEV トヨタbz4x

 トヨタはその理由として、リチウムイオンバッテリーの劣化や、それに伴う下取り価値の下落に対する顧客の不安をやわらげるためと語る。同時に、EVが処分される際に、まだ容量を残すリチウムイオンバッテリーの回収を確実にするためでもあるという。さらには、トヨタが扱うサブスクリプションのKINTOであれば、整備代も月額料金に含まれるので故障などへの心配も減るとする。

 フィアットは、エンジン車の500に比べ価格帯が上がるので、従来と異なる新規顧客層が購入するとみており、サブスクリプションでの導入を決めたようだ。
日本で買えるBEV FIAT スバルソルテラ

 一方、 bZ4Xとの共同開発によるスバル・ソルテラは、現金一括やクレジットなどでの販売を行うとしている。

 ステランティスとして新たな出発をし、フィアットと同じグループとなったPSAは、プジョーe208やe2008というEVの昨年の販売は、それぞれ11%と13%を占めたとしており、国内新車市場おけるEVの市場占有率が1%を切るなか、好調な販売をしており、魅力的なEVは売れる姿を示している。

 商品を買う行為は、消費者それぞれの価値観や所得に応じて選択肢があるべきではないか。その点において、従来、日本の新車販売は現金一括かクレジットが中心で、リースはなじみが薄かった。しかし、近年はサブスクリプションの登場により選択肢が増え、クルマ利用の機会が広がったといえる。
日本で買えるBEV テスラ プジョー


初期のEVはバッテリー劣化が著しかったが、bZ4Xの車載バッテリーは、10年20万kmで7割の性能を保証というレベルにまで引き上げられている。ただ、前途の「リース販売」の理由を考えると結局のところ「不安要素が多い」という結論になってしまう。

 EVについては、トヨタが述べる不安がこれまであったことは事実だが、プジョーの例や米国テスラのモデル3の売れ行きを見ても、それほど不安なく乗れることが浸透しはじめている。

 そもそもEVは、リチウムイオンバッテリーの劣化を除き、壊れにくいクルマであり、消耗部品も少ない。駆動用モーターは、廃車となっても次のEVで使えるほど耐久性があるといわれてきた。消耗部品の少なさは、たとえばエンジンオイル交換がなく、ブレーキパッドの減りも少ない。
日本で買えるBEV ヒュンダイ トヨタbz4x
(上 現代 下トヨタ bz4X)強調文
 韓国のヒョンデ(現代)自動車が、日本市場に再上陸するときにEVと燃料電池車(FCV)に絞った理由は、主力となるEVの保守管理に手間がかからず、修理工場網を整備しなくても、どこでも整備や修理が可能だからだ。また、EVであれば、常に通信で車両情報が把握されているので、所有者が違和感を覚える前に故障の兆候を察知し、所有者へ伝えることさえできる。

 リチウムイオンバッテリー劣化についても、十数年前の初代リーフやi-MiEVに比べ、性能も耐久性も改善され、それほど心配せずに済むようになっている。トヨタも、bZ4Xの車載バッテリーは、10年20万kmで7割の性能を保証するといっている。

 EVは不安だから、サブスクリプションやリースに絞るという言い方は、消費者の心配をあおる行為とさえいえる。一方で、サブスクリプションは、EVに限らずスマートフォンや音楽配信、スポーツジムなどの利用で利便性を発揮しており、現代に適応した支払方法だ。

 不安だからではなく、時代に適応した支払い方としてEVにサブスクリプションを導入するのは歓迎だ。しかし同時に、現金一括やクレジットの利用を排除したり、不安をあおったりすることは、消費者の選択肢を制限する姿勢ではないか。
➡︎□元記事に




確かに、色々な販売方法が選択できることは良いのですが、
サブスク、リースしかないというのはユーザー側から見て今一つ
納得度が少ないように思います。
特にFIATやヒュンダイのように販売網が乏しい会社は別ですが、
日本全土に5000店ものディーラー網があって、そのすべてに
EV充電器を設置しようとしているトヨタが、ディーラーで売らない事には
今一つ納得がいかないように思います。
(なんとなくbz4xはまだ自信が無いように見えてしまします)


そんな中、日産三菱の軽EVを一斉に実店舗で並べられると
そちらの方が手を伸ばしやすいように思います。
さて、今年のEV商戦はどうなるか?要注目です。

新型アウトランダーPHEVがサブスクしかなかったら、
果たして契約したかと考えると、、、どうでしょうか
ディーラーさんにオーダー入れる感覚も
オーナーへのワクワクの第一歩です。
所有した無二の愛車だからこそ、長く大事にしたくなります。
小生は所有派です。


三菱 ekクロスEV 日産サクラ ラインアウト水島工場

➡︎□三菱ekクロスEV、日産サクラ遂に公開!

アイシン デンソー BluE NexusのEV用 eAxle eアクスル


➡︎□トヨタbz4xに搭載のアイシン、デンソーの部品とは?


三菱 ekクロスEV 日産サクラ ボディカラー

➡︎□2022年は日本のEV元年となると日経
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する