fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

オーナー必見!【人とくるまのテクノロジー展2022】用の新型アウトランダーPHEVの技術3Dコンテンツが凄い

本日27日まで横浜で開催の「【人とくるまのテクノロジー展2022】
用に作られた3D映像コンテンツが、WEB上にアップされています。
オーナーの方は必見の良いコンテンツです。



三菱自動車の新型アウトランダーの技術が丸わかり

■新世代PHEVシステムや車両運動統合制御システム「S-AWC」などを分かりやすく紹介
三菱自動車は、2022年5月25日(水)〜27日(金)までパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2022 横浜」の出展概要を発表しました。

三菱自動車は、新型アウトランダーに搭載された技術として、プラグインハイブリッドEV(PHEV)システムをはじめ、安全、安心で走りの楽しさも実現する車両運動統合制御システム「S-AWC」、新開発プラットフォーム、同社のPHEVで初めて3列7人乗車を可能にしたパッケージングや先進安全装備が紹介されます。


展示内容は、新世代PHEVシステム、車両運動統合制御システム「S-AWC」、新開発のプラットフォーム、パッケージング、進化した先進安全装備がテーマ。


リアル展示会ブースでは、実車を交えながら技術ポスター、オンライン説明員を中心に分かりやすく解説されます。また、オンライン展示会では各技術の解説動画に加えて、開発者が走行映像とデータを通して、込めた思いを語る解説動画などが確認できます。

新型アウトランダーPHEV GN0W 人とクルマのテクノロジー展 技術説明3D
PHEVシステムの3次元データを用い、自由に回転、拡大、縮小できるデジタルPHEVシステムも出展されます


➡□三菱人とクルマのテクノロジー展 公式HP



上のリンクからアウトランダーPHEVのパワートレインを自在に360度動かせる
コンテンツを体験できます。
オーナーにとっても、大変楽しいコンテンツです。

新型アウトランダーPHEV GN0W 人とクルマのテクノロジー展 技術説明3D
今回はブレーキによる回生エネルギーの回収がより効率的にできるように
なったのがわかります。
新型アウトランダーPHEV GN0W 人とクルマのテクノロジー展 技術説明3D
なる程です!細長かった駆動用バッテリーが、短く薄くなったことがわかります。
冷却方式が、直接冷却液で冷やす方式に変わったので、
高効果の上、ファンがなくなり省スペース化にも成功しています。

この短くなったところに、新しくなった密閉型大容量ガソリンタンクが
ぴったりと収まっているために、床のフラットなスペースを確保できています。
(密閉型タンクで燃費が改善できることは初めて知りました)
新型アウトランダーPHEV GN0W 人とクルマのテクノロジー展 技術説明3D
アウトランダーには、トランスミッションは無く、
エンジンとジェネレーターが直結、3軸目のシャフトにモーター
が繋がる設計になっています。
今回はエンジンとジェネレーターのギアを2枚化して
発電効率を改善しています。
個々の強度が増しているので、減速時に従来の3倍のGを
かけた回生エネルギー回収ができるのだそうです。
こういうところも三菱の10年に及ぶPHEV先駆者の優位点だと思います。

バッテリーが熱に弱いのと同様に、モーターも熱に弱く冷却が必要です。
フロントモーターは油冷✳︎で、今回は外側からだけでなく(✳︎訂正しました)
軸心にも冷却油を通して冷やしているそうです。凄い技術です。

新型アウトランダーPHEV GN0W 人とクルマのテクノロジー展 技術説明3D
そして自慢の高出力リアモーターは、インバーターユニットとモーターが別パーツ
だっだものが、コンパクトに一体化されました。
このお陰で、7人乗りシートが実現できた立役者です。
ここにも電動デバイスの進化を感じます。

成程です。運転席〜2列目シートの足元までがバッテリー。
2列目シートの下にガソリンタンク。
3列目の下にリアユニットが収まっていると思って乗ります。
上手に段状に高さが整えられています。
新型アウトランダーPHEV GN0W 人とクルマのテクノロジー展 技術説明3D
この他、自在に動かせるのでリアルモデルでは、
見れないような角度でこの世界に誇るスーパーパワートレインの
詳細が確認できます。
オーナーの方、納車待ちの方も必見です!。

新型アウトランダーPHEV GN0W 人とクルマのテクノロジー展 技術説明3D
こうやってみると、最も重量の重いリチウムイオンバッテリーの塊が
クルマの中心に集中して搭載され、その前にエンジンとフロントコントロールユニット、
後ろにガソリンタンクと、リアコントロールユニットがバランスよく配置されています。

これにより、回転性が良く、重心が低い理想的なパワートレインの配置に
なっているのだとわかります。
このパワートレイン配置バランスの良さは、
トヨタやマツダのPHEVの配置(中心から遠くに重いものがのっている)
に比べて一日の長があると思いました。

新型アウトランダーPHEV GN0W 22型 のモーター バッテリー


➡□新型アウトランダーPHEVのエンジンと駆動用電池について

モーターファン別冊 新型アウトランダーのすべて

➡□新型アウトランダーPHEVのパワートレインの解説がわかるモーターファン別冊
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する