fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

日産と三菱自の新型軽EV、電池を冷媒で冷却する理由

今日は、予約絶好調の日産サクラ三菱ekクロスEV
バッテリー冷却システムについての話題です。




日産自動車と三菱自動車が2022年夏に発売すると発表した新型の軽電気自動車EV)「サクラ」(日産、図1)と同「eKクロスEV」――。両車は、同じプラットフォームを使う兄弟車であり、その電池の冷却システムには冷媒式を採用した。日産の新型EV「アリア」では水冷式を適用するのに対して、両軽EVではなぜ冷媒式を選んだのか。そこには軽EVならではの事情があった。
三菱 ekクロスEV 日産サクラ



 軽EVでは、まず、車両価格を抑えることへの優先度が登録車と比べると高い。そのため、高価とされる電池の搭載量をできるだけ抑える必要があった。その場合、遠出の際には急速充電の頻度が増えやすくなる。そこで、急速充電時に電池の温度上昇を抑える冷却システムが必須だった。これが第1の理由だ。


 そして第2の理由は、車両価格の低減という観点から、電池の冷却システムにできるだけコストを掛けたくなかった。

 加えて、軽EVは、日本国内のみの販売であること。海外でも販売するアリアと異なり、電池を暖めるために冷却システムを使わずに済むことから、車室内冷房の冷媒を流用することへの足かせがなかった。冷房用の冷媒を電池に循環させる場合、電池を暖めることはしにくい。
日産アリアのバッテリー
(アリアのバッテリー)

➡□元記事に



バッテリーの温度管理方法には、初期のリーフが使っていた空冷式、
日産アリア、ホンダe,が使っている水冷式、アウトランダーPHEVや、マツダMX-30 EVが
使っている冷媒式の3方式があるようです。
空冷式は不十分で、バッテリーの劣化が激しいという事が言われているので
今後は無くなっていくと思われます。
水冷は効率が良く、極寒の地では温めることもできるというメリットがありますが、
逆に水漏れのリスクがある、車重が重くなる等のデメリットがあります。

日産サクラ三菱ekクロスEVとアウトランダーPHEV GN0Wの駆動用バッテリー比較
(同じ中国Envision AESC製のユニットを同量20kWh使っているが、床構造や車体制約から積載法が異なる)
冷却システムがダウンすると電動車両にとっては
走行不能になるため、アウトドア志向の三菱は冷媒システムを追求してきたと思われます。
今回の新型アウトランダーは空気を介して冷やすのではなく、バッテリーに
直接冷媒を引き込んで冷やすヒートシンンク方式なので、効率が良く、猛暑の夏でも安心です。
(エアコンと、バッテリーが同時に冷える、猛暑ニッポンに最適な冷え冷え仕様です)





三菱、マツダ、ホンダ リチウムイオン電池クーリングシステム 冷媒 水冷

➡□国産各社の電動車両バッテリー冷却方法について

リチウムイオン電池のセルバランス

➡□新型アウトランダーPHEVのバッテリー寿命を延ばすには?


三菱 新型アウトランダーPHEV 駆動用バッテリー エンビジョンaescジャパン製

➡□新型アウトランダーのバッテリーメーカーについて

EVの駆動電池2分化 ハイエンドは全固体電池にローエンドは廉価リチウムイオン電池

➡□電動車両のバッテリーは、将来高級車は全固体電池、普及車は廉価リチウムイオンバッテリーに2極化か?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する