fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

世界レベルの中国バッテリーメーカーBYDが来年EVで日本市場に参入

日本人にはあまり知名がないけれども、世界的には有名な
バッテリーメーカーに中国のBYDがあります。
ここは自社でもEVを発売しています。
BYDが、遂に来年日本市場にEVで参入するという事です。



中国新興EV BYD ATTO3 オットー3

中国・比亜迪(BYD)の日本法人であるビーワイディージャパンは2022年7月21日、日本の乗用車市場への参入を発表した。これに伴い、乗用車販売サービスの専業会社としてBYD Auto Japanを設立した。BYD Auto Japanは2023年に3車種の電気自動車(EV)を日本で順次発売する予定だ。
中国BYD ブレード リチウムイオン電池

 BYDは、バッテリーメーカーとして1995年に創業して以来、自動車や情報技術(IT)、エレクトロニクスなどの分野で事業を展開する。自動車産業には2003年に参入し、バッテリーのほかにもモーターやコントローラーなどEV関連部品を中心に開発・製造を実施している。2022年上半期の全世界の累計販売台数は64万1350台だ。日本では、2005年にビーワイディージャパンを設立し、2015年より電気バスの販売を開始。2022年6月までに累計65台を売り上げた。そのほかにもEVフォークリフトや法人向けEVを国内で販売してきた。
中国新興EV BYD ATTO3 オットー3


 今回の発表に伴い、同社は、自動車大国である日本の乗用車市場に参入することになる。ビーワイディージャパンの代表取締役社長の劉学亮氏はこの発表会で「EVを豊富なラインアップかつ手に届きやすい価格で届ける」と自信を示した。販売はディーラーでの販売を想定している。2025年までを目途に、47都道府県に100カ所の店舗を構える予定で、一気に販売網を拡大したい考えだ。ディーラーでは見て乗って体験することができ、アフターサービスや充電などにも対応できるため「ウェブ販売には頼らない」(BYD Auto Japan代表取締役社長の東福寺厚樹氏)としている。

2023年に発売するEVは、中型SUV(多目的スポーツ車)「ATTO 3」と小型ハッチバック車「DOLPHIN」、中型セダン「SEAL」の3車種だ。それぞれ同年1月、同年中ごろ、同年下半期の発売を予定している。全車にBYDが開発する最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池「ブレードバッテリー」を搭載する。ブレードバッテリーは、細長く平たい形状の電池セルを1つの構造部品として、電池パックに直接組み込んだのが特徴だ。これにより従来の車載電池で一般的だったモジュールをなくし、より多くの電池セルを電池パックに収めることで、エネルギー密度を高め、空間利用率を上げている。同社の日本向け電気バス「J6」「K8」にも搭載する。
中国新興EV BYD ATTO3 オットー3

 プラットフォームはEV専用の「e-Platform 3.0」を採用する。ブレードバッテリーのほかに駆動モーターやトランスミッション、DC-DCコンバーターなど8つのモジュールを集約し、安全性や効率性を上げたとしている。

TTO 3のラインアップは、前輪駆動のみの1グレードとなっている。モーターは、最高出力150kW、最大トルク310N・m。容量58.56kWhの電池を搭載する。停止から100km/hまでの加速時間は7.3秒とする。

 2023年1月に発売するATTO 3だが、競合車は多い。2022年だけでも販売開始または同予定となっている中型SUVのEVは、日産自動車「アリア」、トヨタ自動車「bZ4X」、SUBARU「ソルテラ」、ドイツAudi(アウディ)「Q4 40 e-tron」、米Tesla(テスラ)「モデルY」、現代自動車「IONIQ 5 」などと枚挙にいとまがない。同6車種は、いずれもEV専用プラットフォームを採用しており、完成度も高い。

中国新興EV BYD ATTO3 オットー3

 これらの競合車とATTO 3の性能に大きな差がないことは、アリア(グレードは前輪駆動車のB6)と比較すると分かりやすい。アリアは全長4595mm、全幅1850mm、全高1655mmと、ATTO 3の全長4455mm、全幅1875mm、全高1615mmと同車格だ。航続距離はアリアが470km(WLTC値)とATTO 3の485kmと大差ない。モーターの最高出力、最大トルクはほぼ同程度となる。

 ATTO 3は今後、BYDの日本での乗用車事業を支える重要なモデルだ。国内外の競合車と比較して、いかに競争力のある価格を提示できるかが鍵となる。価格は現時点で発表していないが「マーケットの状況を見ながら、顧客の手が届きやすく、バリューフォーマネーを感じられる価格に設定する」(BYD Auto Japan社長の東福寺厚樹氏)という。
➡︎□元記事に



これは国産メーカーもうかうかしていられません。
BYDは、日本人には馴染みがないかもしれませんが、
凄い電池メーカーなので、将来B TO Bなどの業務用や社用で
ディスカウントしてくると一気にそちらの市場を取られかねません。
個人的にはブレード型リチウムイオン電池は、優れている様に
思います。(過去記事のリンク下に)
今日本郵政などに扱いがある三菱は、商用EVの競争力を
挙げておく必要があると思います。

インテリアのデザインなどに洗練されていない部分はあるものの、
これもどんどん追い上げてくると思います。
日本人は中国ブランドをすぐには買わない気がしますが、
将来の脅威には早めに対応するに限ります。

中国BYD社のブレード型リチウムイオン電池 blade battery

➡︎□BYDのブレード型電池が凄いかも!?

中期BYD EV発火事故

➡︎□中国製EVには、バッテリーの安全性を疑う事件も?

中国 深セン深圳に行った EVタクシー、EVバス BYD社製

➡︎□小生、中国深圳に行ってみたらEVばっかりで驚いた!

2018世界EV販売・車載用電池ランキング付き

➡︎◻︎世界車載用電池ランキング2018

世界一のEVメーカー BYD 中国

➡︎◻︎世界一のEVメーカー中国BYDとは

コバルト Co リチウムイオン電池

➡︎◻︎テスラは中国CATLとコバルトフリー電池模索

吉野彰 ノーベル賞

➡︎◻︎祝ノーベル化学賞 吉野彰氏


リチウムイオン電池の構造

➡︎◻︎リチウムイオン電池の構造と材料
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する