fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

レクサス「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」に全固体電池搭載

今日はレクサスの次世代BEVスポーツカーの話題です。
レクサスではこのクルマあたりから開発中の全固体電池
試験的に積まれるかもしれません。



レクサス「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」

レクサスは、次世代EVコンセプト「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」を米国で開催中のイベント「モントレー・カー・ウィーク2022」で公開した。先行して、英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で公開していたが、米国での公開は初。イベントでは、「NEXT CHAPTER」をテーマに、次世代を象徴する力強いデザイン、Lexus Driving Signatureを磨き上げ、電動化、直感的な技術を採用した象徴的なモデルを中心に出展している。
レクサス「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」

LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPTは、2021年12月にトヨタが公開した16台の新型BEVの中の一つ。トヨタがかつて500台限定で販売したスポーツカー「LFA」の精神的後継と位置づけられており、次世代バッテリーとして期待されている全固体電池の採用を目指している
レクサス「LEXUS ELECTRIFIED SPORT CONCEPT」


➡︎□元記事に


このレクサスのスポーツEVは、以前から注目しているクルマです。
レクサスと言えば、「紡錘(ぼうすい)」と呼ばれる、スピンドルグリルが
アイデンティティですが、このクルマには面影もありません。
レクサスのBEVである『RZ』ですら、グリルレスですが面影はありました。
レクサスRZ
➡︎□レクサス新型RXとBEVであるRZのグリル

トヨタのスポーツカー、GR系のクルマは、デザイン上あまりカッコ良くないものが多いのですが、
これはいかにも早そうでよくまとまっているように思います。
章男社長の口出しが少ない外国デザイナーによるものだからでしょうか?笑)
是非モーターショーなどで見てみたいクルマです。
個人的には、リアのボディエンドとバンパーに挟まれた位置と、
タイアホイール中ディスクブレーキ部入った「LEXUS」ロゴがクールです。
こういうEVが、全固体電池を積んで出てくると、ちょっと電気自動車のイメージまで
変わりそうな一台です。

レクサス エレクトリファイドスポーツ


➡︎□レクサスLFAの後継「新型エレクトリファイドスポーツ」英国に登場記事

レクサス LFー1コンセプト 
(レクサスLF-1)
レクサス LAF II ベストカー PHEV
(LFAⅡ想像図)
➡□レクサスLFAⅡ?PHEVも?

レクサス「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」

➡□レクサスLF-Z エレクトリファイド

レクサス EVコンセプト『LF-30 Electrified』
レクサス EVコンセプト『LF-30 Electrified』

➡□小生2019年東京モーターショーで撮影のレクサスLF-30
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する