fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ハリアーのPHEVはその名も「Zグレード」に。600万円程度とOL Pグレードと競合?

以前から噂されていましたが、今秋トヨタハリアーPHEVパワートレイン
が追加されるという事です。
そして名前も「Zグレード」となり、トヨタはことさらPHEVを強調するのではなく、
平然と選択できる一つのパワートレインとして単なる「グレード」に(ある種「当たり前に」)するという戦略です。
欧州の会社がとっている最初や型番の最初や最後に「Eやe」をつけるようなものでしょうか




プラグインハイブリッド車は、RAV4 PHVのような「ハリアー PHV」ではなく、ハリアーの最上位グレード「Z」として設定されます。なお、RAV4も次回の一部改良で車名を統合することが明らかになっています。

ハリアーPHVこと「Z」の車両本体価格は620万円。駆動方式とトランスミッションはE-Fourと電気式CVTのみです。
ハリアーZグレード PHEV

現行ハリアーの最上位グレード「Z“Leather Package”」の価格は482万円ですが、こちらはハイブリッド車なので単純な比較が難しいところでではあります。また、ハリアーとRAV4は今回の一部改良で大幅値上げすることが判明しており、それを加味すると妥当な価格と言えるのではないでしょうか。

競合となるプラグインハイブリッド車の価格をみると、マツダ CX-60は539万~626万円、三菱 アウトランダーPHEVは462万~532万円といった数字。なお、改良後RAV4のプラグインハイブリッドは563.3万円です。ハリアーの車格や後述する装備を考慮するとそれほど飛び抜けているわけではありません。

また、国や地方自治体からの補助金なども利用すれば500万円台前半くらいまでは安くなることが予想されます。
ハリアーZグレード PHEV

車両価格以外に、プラグインハイブリッド車で選択できるオプションの価格も判明しました。

リースやKINTOを除き、選択できるオプションで分かっているのは以下表に記載する4種類となります。

オプション名 価格
スペアタイヤ 11,000円
寒冷地仕様 17,600円
調光パノラマルーフ(電動シェード&挟み込み防止機能付き) 198,000円
充電ケーブル(AC200V用15m) 8,800円


これまでに判明している装備について


ちなみに標準装備については、ガソリン車・ハイブリッド車にはなかった機能として以下の装備が判明しています。

1500Wの外部給電機能(ラゲッジ内・外部給電)
後席シートヒーター
パノラミックビューモニター(アンダーフロアビュー付)
トヨタSUVに限った話でいえば、後席シートヒーターが設定されてたのはランドクルーザー200のみ。パノラミックビューモニターについてはSUVだと初で、現時点で標準装備するのはすでに受注を停止しているアルファードの上位グレード「エグゼクティブラウンジ」くらいです。
パノラミックビューモニター(アンダーフロアビュー付) レクサス
パノラミックビューモニター(アンダーフロアビュー付)

これら上位車種の装備に加え、ガソリン車・ハイブリッド車の改良型と同じ12.3インチナビを備えるディスプレイオーディオプラスや、機能を拡大した安全支援技術「トヨタセーフティセンス」などを採用します。

➡︎□元記事に


当初は、新型アウトランダーPHEVの完成度の高さを見て、
ハリアーと新型レクサスRX PHEVはハイパワー化してくるという噂もありましたが、
どうやらパワートレインに関しては、RAV4PHVのものの流用な様です。

となると、PHEVに関しての対トヨタの、今年のアウトランダーPHEVの優位は
揺るがない様に思われます。
過去にも記述しましたが、単純なエンジン+モーターの出力がそのままクルマの
総合力や、ハンドリングも含めた楽しい走りの実現度とならないのが電動車両の
奥深さです。
今のところ、複数のカー専門誌の複数パワートレインが選べるトヨタSUV
おススメは、高出力HVとしている声が多い様です(PHEVでは無い)
そう考えるとPHEV一本勝負にかけた日本のアウトランダーPHEVは実に潔い
戦略です。

いずれにしても、ハリアーは超人気車種です。PHEVの発売を待たれている方も多いと予想します。
ラグジュアリーPHEVに強敵が参入する事に変わりはありません。
注目しましょう。

<追記>
何と!発売前からRAV4PHVの時と同様受注停止の情報が入ってきました!
トヨタの電池供給不足は深刻か?





各ディーラー販売店のハリアーPHVの注文受付枠がかなり少ないことは分かっていましたが、すでに受注を停止している販売店が全国で見られていることが明らかになりました。
➡︎元記事に



追記2>
マガジンXにハリアーPHEV Zグレードの価格予想が載ってました。
実質アウトランダーPHEV Pグレードと競合する値付けかと思います。
新型ハリアー2023 グレード価格予想 ZグレードPHEV

➡︎□元記事に

トヨタRAV4PHV パワートレイン TNGA K 「THS II Plug in」

➡□RAV4PHV受注中止の原因は電池調達不足

トヨタ ハリアーPHV PHEV発売予測

➡︎□ハリアーPHEV 今秋発売 3月既報

新型ハリアーカスタム

➡︎□2020年記事 新型ハリアー改良して値下げ?!

トヨタ 新型ハリアー2020

➡︎◻︎トヨタ新型ハリアー既報


トヨタ RAV4 PHV toyota


➡︎◻︎本気で乗り換えを悩ませたクルマトヨタRAV4 PHV

トヨタ新型ヴェンザと新型ハリアー toyota venza harrier


➡︎□北米で発売の兄弟車トヨタヴェンザ とハリアーPHV発売の可能性

三菱新型アウトランダーPHEV vs トヨタRAV4 PHV 比較 対決

➡□新型アウトランダーPHEV、RAV4PHVに圧勝のベストカー誌評

三菱アウトランダーPHEV vs レクサスNX 450+ PHEV

➡□レクサスNX450+(PHEV)にもアウトランダーPHEV勝利

新型アウトランダー2022 サイズ 国産SUVサイズ比較

➡□一部RAV4参考値入り新旧アウトランダーPHEV主要諸元比較記事へ

レクサスNX新型 PHEV 新型レクサスNX PHEV

➡︎新型アウトランダーPHEVにとって前門の虎新型レクサスNX450h+PHEV


新型レクサスRX PHEV予想図

➡□後門の狼レクサス新型RXにPHEV追加か?これが本当のライバルに?


トヨタ RAV4 PHV toyota

➡︎□新型アウトランダーPHEVのライバルはRAV4 PHVではなかった 山本晋也氏


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する