fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

「チーム三菱ラリーアート」がアジアクロスカントリーラリー2022の参戦体制を発表

さあ!いよいよ来月からアジアクロスカントリーラリー
開催です。
チーム三菱みんなで応援しましょう。



三菱自動車工業が技術支援する「チーム三菱ラリーアート」は、今年11月21日から26日にタイ~カンボジアで開催されるアジアクロスカントリーラリー2022の参戦体制を発表した。
アジアクロスカントリーラリー2022 チーム三菱ラリーアート

総監督はダカール・ラリーを2度総合優勝した増岡浩が努め、インドネシアとタイから3人のドライバーが参戦する。


(以下チームリリース)
「チーム三菱ラリーアート」は、インドネシアのスプリントラリー選手権王者のリファット・サンガー(インドネシア)、タイのクロスカントリーラリーで優勝経験のあるチャヤポン・ヨーター(タイ)が『トライトン』のT1仕様(改造クロスカントリー車両)で上位入賞を狙い、経験豊富なサクチャイ・ハーントラクーン(タイ)が同じく『トライトン』でリファットとチャヤポンをサポートする体制としました。同チームを運営するタントスポーツ(タイ)には、三菱自動車からダカールラリー2連覇の経験をもつ増岡浩が総監督として参画するほか、開発部門のエンジニアがチームに帯同し、テクニカルサポートを行う万全の体制でAXCR本番に臨みます。
アジアクロスカントリーラリー2022 チーム三菱ラリーアート

チームは8月29~31日の3日間、タイ西部カンチャナブリーのオフロードコース「グランプリ・モーターパーク」に集結し、3日間にわたる約1,100kmの耐久試験を実施。エンジンの軽量化とともに出力特性を見直してドライバビリティを向上させ、ツイスティなコースでは軽快なハンドリングを発揮します。また、新たにデュアルダンパーを採用することによって路面追従性が向上し、走行安定性と悪路走破性が大幅に向上しています。


アジアクロスカントリーラリー2022 チーム三菱ラリーアート
(タイヤサポートはヨコハマ)
➡□元記事に



国内外で、増岡さん大活躍ですね!
タイはコロナ感染が落ち着いて入出国しやすくなったので、
ラリーのサポートチームも行き来しやすいと思われます。
ぜひ良い成績で終われると良いですね。

アジアクロスカントリーラリー2022 チーム三菱ラリーアート
これから乾季に入るとはいえ、
湿地帯の多い難コースと予想されます。

アジアクロスカントリーラリー2022 チーム三菱ラリーアート
電動車両に比較するとトライトンの完走確率は高そうに思いますが、
それでも何があるかわじゃりまあせん。
完走、高順位目指して頑張って欲しいものです。


三菱トライトン アジアクロスカントリーラリー参加車 ラリーアート仕様


➡︎□アジアクロスカントリーラリー参戦車の耐久テストを実施

三菱チームラリーアート増岡浩総監督 アジアクロスカントリーラリー参戦 トライトン

➡□チーム三菱ラリーアート、アジアクロスカントリーラリーに増岡氏総監督で参加決定!

アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー

➡□初期型アウトランダーPHEV、2014アジアクロスカントリーラリー参戦、スタート!
アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー

➡□初期型アウトランダーPHEV、アジアクロスカントリーラリー2014善戦中

アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー2014

➡□初期型アウトランダーPHEV、アジアクロスカントリーラリー2014激走中
アジアクロスカントリーラリー アウトランダーPHEV

➡□初期型アウトランダーPHEV、アジアクロスカントリーラリー20214ゴール間近
アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー

➡□初期型アウトランダーPHEV ゴールイン!総合14位


新型アウトランダーPHEVラリー

➡□旧型アウトランダーPHEV後期型、2015アジアクロスカントリーラリー参戦

新型アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー

➡□旧型アウトランダーPHEV後期型、2015アジアクロスカントリーラリー激走中

新型アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリー


➡□アウトランダーPHEV アジアクロスカントリーラリーにおいてエアコン故障で走行不能に
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する