fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ルノーキャプチャーもどき?!三菱新型ASX(RVR)1,6LツインモーターPHEV

全く違う印象で登場するのか!
と期待された三菱新型ASX(RVR)ですが、、、

何とも残念!まるでルノーキャプチャーもどき的なデザインでした!
あえて言えばルノーキャプチャーのまんま。
とてもダイナミックシールドとは言えないデザイン処理です。



 ASXはグローバルに展開する三菱の主力車種で、欧州では2010年から販売されるBセグメントSUVです。
三菱新型ASX (RVR)PHEV

 アライアンスパートナーのルノーより、欧州市場向けにOEM供給を受ける新型ASXは、ルノー日産三菱自動車アライアンスによる「CMF-B」プラットフォームを採用したコンパクトSUVで、スペインにあるルノーのバリャドリード工場で生産され、2023年3月より欧州の一部市場で販売を開始するといいます。ルノー「キャプチャー」のOEM車となります。
202209211257261b7.jpeg

 エクステリアは流麗なシルエットで、後方にむかって切れ上がるキャラクターラインとフローティングルーフの採用により、軽快な走りを予感させる躍動感のあるスタイリングとしています。

 フロントはダイナミックシールドの要素を取り入れ、上部にスリーダイヤを配したフロントグリルで力強さを表現。さらにボディサイドを絞り込み、ショルダーを張り出すことで力強さを表現しています。
三菱新型ASX (RVR)PHEV

 新型ASXでは複数のパワートレインを設定しています。
三菱新型ASX (RVR)PHEV

 1.6リッターガソリンエンジンに駆動用/発電用のふたつのモーター、マルチモード自動変速機と10.5kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたPHEVモデルを始め、1.6リッターガソリンエンジンに駆動用/発電用のふたつのモーター、マルチモード自動変速機と1.3kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたHEVモデル、1.3リッター直噴ガソリンターボエンジンと6速MTまたは7速DCTを組み合わせたマイルドハイブリッドモデル、1リッターガソリンターボと6速MTを組み合わせたガソリンモデルの4種類をラインアップしています。
三菱新型ASX (RVR)PHEV

➡□元記事に



下写真こちら現行ルノーキャプチャーです。
ルノー キャプチャ



いくらルノーOEMとはいえ、
これでは全く一緒ではないですか!

最近にない残念なアウトプットです。
ライトから、ホイールのデザインまで一緒とは、
かなり手抜きな処理です。
プラットフォームCMFーBが同じで外側が違う
アプローチと聞いていたので、
アウトランダーとエクストレイル、
ekクロスEVとサクラ
ぐらいの違いを
期待しましたが、、、

三菱 新型ASX (RVR)
(ティザー映像からは、このくらいはやってくれそうと期待したのですが、、)
三菱 新型ASX (RVR)


これで同じ値段だったら、ルノーキャプチャーを買うだろうなと思ってしまいます。
唯一の期待は、パワートレインのスペック違いですが、
こちらもルノーキャプチャーに欧州で採用されているものと同様のようで、
三菱の欧州用新型PHEVではないようです。
2モーターといっても一つはジェネレーターなので実質1モーター。
ルノーキャプチャー EーTECH PHEVパワートレイン
(ルノーキャプチャーEーTECH 日本未発売のパワートレイン)➡︎□ルノーキャプチャーEーTECH PHEV


一時は
アライアンスの取り決めで三菱の欧州新型車発売が凍結された
と聞いてガックリ。
そしてそれが解除された?!のかとぬか喜びしたのを
又ガックリした(やっぱり実質凍結に近い)と思わざるを得ない
フランス人はそんなに甘くないという印象の新型ASXの情報でした。



三菱新型RVR PHEV


➡︎□今回は当たっていたベストカーの予想デザイン


三菱 新型ASX (RVR)

➡︎□欧州発三菱新型ASX(日本名RVR)に1.6LターボPHEVパワートレイン搭載?

三菱 新型 コルト colto
三菱コルト1000 コルト


➡□三菱、欧州に新型ASXと新型コルト投入



三菱次期RVR

➡︎□2018年当時予想されていた次期RVR

三菱RVRカワセミブルー

➡︎□ヒット色RVRのカワセミブルー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する