fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

テスラの人型ロボット、遂にプロトタイプが動作している姿公開!

遂にテスラが開発中の人型ロボット
動く姿が公開されました。



EV大手の米Teslaは9月30日(現地時間)、2足歩行ロボット「Optimus」のプロトタイプ機を、同社が開催中のイベント「AI Day」にて披露した。Optimusは、2021年8月のAI Dayで「2022年中にプロトタイプを披露する」と予告していたもので、本来の8月開催から延期したものの2022年内という約束を果たした。
テスラ 人型ロボット Optimus

 Optimusは、Teslaのクルマ作りのノウハウを注ぎ込んだロボットで、頭脳にあたるチップ「Tesla SoC」からバッテリーパック、アクチュエーター、コントロールシステムにいたるまでTelsaが独自設計したもの。

 手は指の関節が独立して稼働し、親指も2つの自由度を持つ。物を持って移動したり、人間用の道具をOptimusも使うことができる。アクチュエーターは関節の共通化などを図りつつ、6種類に集約。脚に使うアクチュエーターは、グランドピアノを持ち上げるほどのパワーを持つ。

テスラ 人型ロボット Optimus

 デモでは、棚からダンボールを取り出してオフィスで働く人間に届けたり、ジョウロを持って花に水をやったり、Teslaの工場内でパーツをカートに移し替えたりといった作業を実現していた。自動運転で培われたAI技術を活用し、カメラが捉えた深度マップから正確に歩行ルートの作成、手を使った高精度な操作を実現する。


 2足歩行のデモはスムーズな動作を見せた。最初の2足歩行は2022年4月に実現。つま先が離れた今の歩行スタイルに移行したのは22年の9月という。なお、2足歩行のデモは中の機構が見えた状態で実施。外装を取り付けたバージョンも披露したが、こちらはスタンドに固定された状態で公開された。

テスラ 人型ロボット Optimus

 Tesla CEOのイーロン・マスク氏は、Optimusの量産モデルについて「自動車よりも安価に作れる」としており「おそらく2万ドル以下になるだろう」と予想。同氏はロボット事業について、自動車よりも重要な事業になると述べた。

➡︎□元記事に



以前公開されたイメージが、SFに出てくるアンドロイドの様な
人間に近いスマートな印象だったので期待しましたが、
実際は、
思ったよりもロボット、ロボットしていて
未だホンダのアシモや、ソニーのクリオに近いものでした。
特に、脚部の完成度が低い様で、スマートな印象の外装に収まって
自立歩行するものは未だ完成していないようで、
デモ機は歩いたモデルは足が太い仕様になっていて、
外装に収まったものはスタンドに固定されて動いていました。

この辺の開発途中でも平気で公開してしまう、
ある意味の図々しさは、マスクCEO独自のもので、
これによって期待させて株価を釣り上げてきました。

完璧なものを求める日本企業もある意味見習いたいものです。
作りながら完成度を高めていくアジャイルなモノづくりは、
スピードが求められる時代にはあっているのかもしれません。

自動車の開発も同じです。

今後のロボットの完成度のアップに要注目です。
2万ドルでできるというのが脅威です。


イーロンマスク テスラCEO Twitter optimus ロボット
Twitter買収は否定された様です。
過去に公表された人型ロボットのイメージ。
(怖いぐらいアンドロイドっぽい感じでした)


テスラの人型ロボットtesla bot

➡︎□テスラの人型ロボットOptimus (旧テスラ ボット)


テスラ「サイバートラック」電動ピックアップトラック

➡︎□北米での販売が迫る?テスラのサイバートラック
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する