fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

PHEVの国内ドミナントカンパニー三菱!祝アウトランダーPHEV今上期No1に

4月始まりの決算や年度は未だに日本では主流の様ですが、
今回月刊自家用車に載っていた記事によると、
2022年度4〜9月の日本国内販売台数でPHEV内一位を
三菱アウトランダーPHEVが獲得しました。
おめでとうございます。



三菱自動車のクロスオーバーSUV「アウトランダー」プラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルが、2022年度上期の国内販売台数で10,749台とし、PHEVカテゴリーで1位を獲得。また、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」のPHEVモデルも2,430台で国内PHEVカテゴリーの約65%を占め、トップを獲得した。
三菱新型アウトランダーPHEV(22型)オプションカタログ

●文:月刊自家用車編集部

豪州に続き北米でも発売を予定

アウトランダーのPHEVモデルは、三菱自動車の電動化技術と四輪制御技術の域を集めたフラッグシップモデルとして登場した。2021年12月に日本で発売を開始し、力強いエクステリアデザインや3列7人乗りの採用による使い勝手の良さ、ツインモーター4WDによる力強くも滑らかな走りなど、ユーザーから高い評価を得ている。
三菱新型アウトランダーPHEV22型 TVCM 広告 Mitsubishi all new outlander phev

<2022年度上期販売実績>

モデル 販売台数
アウトランダー(PHEVモデル) 10,749台
エクリプス クロス(PHEVモデル) 2,430台
2022年度上期 PHEV販売台数合計 13,179台
2022年、ニュージーランド、オーストラリアでPHEVモデルの販売を開始しており、今後は北米でも11月に発売を予定している。

三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ all new Mitsubishi outlander phev ボディカラー
(上期のカタログ)
ここからは各種グレードと人気のボディーカラーの構成比を見てみよう。Pグレードの構成比8割を超える圧倒的に選ばれている。ボディカラーはホワイトダイヤモンドが4割強と人気だ。

<2022年4月〜9月のグレード別構成比>

グレード 乗車人数 構成比
P 7人乗り 81%
G 7人乗り 4%
G 5人乗り 14%
M 5人乗り 1%
<腫瘍ボディーカラー構成比(全10色)>

カラー 構成比
ホワイトダイヤモンド 43%
ホワイトダイヤモンド/ブラックマイカ(2トーン) 18%
ブラックダイヤモンド 11%

➡︎□元記事に


三菱は国内PHEVのシェア65%を獲得したということです。
かなりの電動車両特化型企業としてユニークなポジションを
確立しつつあります。
何にせよトヨタもPHEVをどんどん発売してくる中で、
アウトランダーPHEV
1万台販売したのは安いクルマではないので素晴らしい成果です。


そして構成比は非常に興味深いですね!
10ヶ月前の発売時期に予約された方の構成比と
大きな傾向は変わりませんが、
更にPグレードの比率が上がってることにびっくりします。
76→81%
そしてホワイトダイアモンド人気です。
44→43%

こんなにグレード色数があるのにこの偏り様はある意味驚きです。
これを分散させる意味合いで今回のブラックエディションはGグレード
基準で作られたのでしょうか?。


三菱新型アウトランダーPHEV グレード別ボディカラー別受注構成比 人気構成比

➡︎□2022 1月 納車一斉に開始時期のグレード、カラー比率

PHEV購入者について調査 東洋経済

➡︎□今PHEVを買っているのはどんな人なのか?東洋経済

三菱アウトランダーPHEV 初心者 プラグインハイブリッド


➡□新型アウトランダーPHEV予約者は、三菱&PHEV新客多数

電動車両購入意向者


➡□2018年記事、今電動車両の購入を検討している人はどれくらい?どんなプロフィール?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する