fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱「ミニキャブ・ミーブ」の生産を、2024年インドネシアで開始

三菱ミニキャップミーブは、世界の商用EVの草分けです。
今後世界で需要が高まると予想される分野です。




三菱自動車工業は2月16日、軽商用EV電気自動車)「ミニキャブ・ミーブ」の生産を、インドネシアにおける生産合弁会社ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシア(MMKI)で2024年から開始すると発表した。海外での生産は初めてとなる。
三菱 商用EV ミニキャブミーヴ ミーブ

 ミニキャブ・ミーブはワンボックスタイプの軽商用EVで、駆動用バッテリーと小型・軽量・高効率なモーターなど、世界初の量産EV「アイ・ミーブ」で実績のあるEVシステムを搭載。駆動用バッテリーをフロア中央に配置するなど荷室容量を犠牲にすることなくEVコンポーネントを搭載しており、大容量の荷室を確保するとともに、低重心化したことで、優れた操縦安定性と良好な乗り心地を実現している。


 三菱自動車工業 社長の加藤隆雄氏は「現在、自動車会社は世界中で急速に進んでいる脱炭素社会への取り組みについて対応することが求められています。その中でも軽商用EVは、物流における『ラストワンマイル問題』への最適解と考えております。アセアンにおけるEVへのニーズの高まりに応えるため、今回海外初の現地生産を決定しました。引き続きインドネシアの自動車産業の発展を後押しするとともに、同国の環境への取り組みに対しても貢献をしていきたいと考えております」とコメントしている。

三菱ミニキャブミーブ バッテリー
 三菱自動車は、日本メーカー唯一の軽商用EVとなるミニキャブ・ミーブの日本での販売を、配送業などを中心に2011年12月より開始。一度、生産終了とするも、カーボンニュートラル社会の実現に向けて各方面で脱炭素化の取り組みが加速し、サステナブルな事業活動を展開する物流関係や、自治体などで軽商用EVの需要の高まりを受け、2022年11月に再販売を開始している

➡□元記事に




三菱は昨年来インドネシア最大のお役立ち企業「ゴジェック」社(タクシー、宅配、ECなど)と
電気自動車を使った実証実験をおこなっています。(下記に過去記事へのリンクあり)
どうやらこれがうまく行きそうだとの目算が立ったため、本格的
ミニキャブミーブを安価に一括大量納車できる体制を整えようという計画に
なったものと予想されます。
決まればビッグビジネスです。是非成功させてほしいですね。


三菱ミニキャブ ミーブ EV軽商用車

➡□ミニキャブ ミーブ販売再開 日本

三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア
三菱自動車 EV 商用車 ゴジェック インドネシア

➡□三菱インドネシアでゴジェック社と実証実験

EV商用車連合 トヨタ スズキ ダイハツ


➡□スズキ トヨタダイハツのEV商業車連合に

三菱ekクロススペース ツートン

➡︎□ekクロスEVは、何故ハイトワゴンタイプの「ekワゴンEV」でなかったのか?の理由

三菱自動車タイ 日立物流 実証実験

➡︎□三菱タイで商用車EV実証実験開始


三菱 商用EV ミニキャブミーヴ ミーブ

➡︎□三菱次期ミニキャブMiEV開発決定

佐川急便EV ASF EV 中国広西汽車集団


➡︎□佐川急便採用のベンチャーEV


VW フォルクスワーゲン商用車 新型「マルチバン」Vw multivan

➡︎□VWのマルチバンは素敵な電動商用車

米リヴァイン アマゾン配送車 EV

➡︎□米リヴィアン Amazonから10万台受注

Canoo pickup truck カヌーEV ピックアップトラック

➡︎□米カヌーのピックアップトラック

米ウーバーテクノロジー EV

➡︎□米ウーバーのEV

プジョー 電動商用車  eーExpert EVバン


➡︎◻︎プジョーのEV商用車 e-Expert

出光EV 出光興産 タジマモータース 出光タジマEV

➡︎□出光興産とタジマモーターのEV

上汽GM五菱汽車の「宏光MINI EV」

➡︎□こちらは中国の所有する小型EV「宏光MINI EV」45万円
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する