fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

西尾張三菱自動車販売制作、『アウトランダーPHEV』に「E:BED 2」を装備した『E-POP』。

三菱車の車中泊カスタムカーづくりで有名な、
西尾張三菱販売さんが、新型アウトランダーPHEV E:POP
を公開していましたので紹介します。



ミニバンやSUVでアウトドアも楽しみたい、そんな人たちに人気だったのが西尾張三菱自動車販売のキャンピングカー。ジャパンキャンピングカーショー2023に引き続き、名古屋キャンピングカーフェア2023でも多くの来場者が足を止めた。
西尾張三菱自動車販売アウトランダーPHEV『E-POP』

同社は2010年から三菱車をベースにしたキャンピングカーを製作しており、「三菱車でアウトドアを楽しみたい」「普段使いしやすいクルマで、車中泊をしたい」というファンには、名の知られたディーラー。
西尾張三菱自動車販売アウトランダーPHEV『E-POP』

好評だったのは『アウトランダーPHEV』をベースに、オプションの「E:BED 2」を装備した『E-POP』。アウトランダーPHEVならではの大容量駆動バッテリーは、アイドリング不要で一晩の暖房・冷房使用を実現。SUVながらポップアップルーフの装着で就寝人数4人を実現している。
E:POPは、夜間作業灯にあたるワークライトを3灯から1灯へと切り替える案も浮上している。
西尾張三菱自動車販売 けん引免許不要の軽量トレーラー「Happier Camper HC1

このほか、ブースでは、けん引免許不要の軽量トレーラー「Happier Camper HC1」も公開。アメリカ生まれのこのトレーラーは愛らしいルックスが印象的。キッチンやベンチ、テーブルと簡単に取り外せ、自由に組み合わせられる「モジュラーインテリアシステム」を導入した、使い勝手の良さもセールスポイントだ。

デリカD:5「D:POP」西尾張三菱自動車販売

➡□元記事に




良いですね!車中泊を頻繁にされる方には
大きなバッテリーを積んで、エアコンが使い放題の
最も手軽なクルマの一つだと思います。
西尾張三菱 アウトランダーPHEV E:POP
西尾張三菱さんのHPにはこんな価格表がついていました。
この程度でルーフテント付きが購入できるとなると
お手軽かと思いました。
唯一の懸念は下取りの時にうまく売れるかですが、こういう
ニーズはあるものと思えばそこも楽観的に思います。

また今回の新型アウトランダーPHEVには、
純正のヒッチメンバーも用意されていますので
牽引トレーラーを引くというのも選択肢と思います。
(トレーラーを補完できる自宅駐車場のある方に限りますが)
「Happier Camper」西尾張三菱 HC1」
西尾張三菱さんが販売しているアメリカのブランド「Happier Camper 」
の「HC1」という商品です。
「Happier Camper」西尾張三菱 HC1」
ブロックの様に空のトレーラーにオプションで、
お好みの設備を載せられる様です。
こちらはトータルでお値段は280〜370万円ぐらいの様です。

そう考えると購入、利用、維持、補完、下取でE:POPがいかにお手軽かわかりますね。


新型アウトランダーPHEV E:ポップ


➡︎□2022年9月新型アウトランダーPHEV用E:POP初登場記事

アウトランダーphev`GS` 車中泊ベッドキット

➡︎□新型アウトランダーPHEV 車中泊用ベッドキット

新型アウトランダーPHEV GN0W 22型 車中泊

➡︎□新型アウトランダーPHEVで車中泊 @モーターファン


三菱アウトランダーPHEV e:POP Mitsubishi outlander phev rooftent

➡︎□先代アウトランダーPHEV EPOP ポップアップ式ルーフテント

レクサス GX460 オーバーランド コンセプト

➡︎□ルーフテントを積んだレクサスGXオーバーライド コンセプト


テスラ「サイバートラック」電動ピックアップトラック

➡︎□キャリアテントが搭載されたテスラのサイバートラック


プジョー リフター4×4コンセプト

➡︎□プジョーリフター4×4ルーフテント搭載

三菱アウトランダーPHEV ポップアップ仕様 キャンピングカー 西尾張三菱


➡︎◻︎2018ジャパンキャンピングカーショー出店時記事
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する