fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱 国内初のスマート充電サービスを英のカルーザ社と開発へ

今日は三菱こんな事業もやっているんだというお話です。




三菱自動車とKaluza(カルーザ) Ltd.(本社:イギリス・ロンドン市)は2023年2月22日、電動車のコネクティッド技術を活用した国内初となるスマート充電サービスの開発に向けた協業を開始したと発表した。
三菱カルーザ スマート充電サービス

Kaluzaは、英国第3位のエネルギー小売事業者であるOVO Energyをはじめ、大手自動車会社やエネルギー会社と提携し、電力関連の事業を展開している。Kaluzaが提供するプラットフォームでは、AIを活用し電気自動車をはじめとする様々な分散型エネルギーの最適な制御を通じて、エネルギーコスト低減と、再生可能エネルギーの普及拡大や送配電網の混雑緩和を両立させ、脱炭素社会の実現を目指している。

三菱カルーザ スマート充電サービス

想定されているサービスは、ユーザーがスマートフォンのアプリから、希望の充電スケジュールをあらかじめ設定することで、クルマの使用開始時間までに最適なタイミングで充電し、ユーザーの充電コストの低減とCO2排出量の削減に貢献するというものだ。

また、充電コストの節約状況をアプリ上で簡単に確認することも可能となっている。さらにこのサービスでは、三菱自動車のコネクティッド技術を通して、Kaluzaのプラットフォームから車両に対して直接、充電の制御が可能となるため、通信機能が付いた充電設備(スマート充電設備)などが不要となるという革新性も備えている。
三菱カルーザ スマート充電サービス

三菱自動車の岩本和明モビリティビジネス本部・本部長のコメント。

「今後、電動車と再生可能エネルギーの導入拡大が並行して進む中で、需給バランス調整など電力系統への影響が懸念されています。三菱自動車は、これらの課題解決に貢献すべく、まずは電動車の充電を最適化するスマート充電サービスの開発に取り組みます。そしてカーボンニュートラル社会の実現とエネルギーの安定供給に貢献するため、大容量の電池を搭載した電動車を「調整力」として活用する他、コネクティッド技術を用いた様々な先進的なサービス開発を行なって参ります」

Kaluzaのニール・グルハー最高マーケティング責任者のコメント。

電気自動車を“移動できる蓄電池”ととらえることで、顧客を中心とした、よりスマートで環境に優しいエネルギーシステムを構築することができます。Kaluzaの技術的なノウハウとグローバルでのスマート充電の経験、そして三菱自動車の世界をリードする車両を組み合わせることで、お客様に、より手頃な電気自動車体験を提供する方法を証明し、逼迫する日本の電力網の需給バランス安定化の一助として貢献できることを楽しみにしています」

➡︎□元記事に



充電サービス事業が、儲かるようになるかは?ですが
こういう事に取り組んでいること自体を、クルマは売っているが
インフラ整備に及び腰のトヨタに比べて評価したいと思います。
このような公共での充電だけでなく、家庭や施設での充電サービス
も今後は注目しましょう。

REXIV レクシブ EV電池によるV2G

➡□2022夏にはEV先進国では電力不足にスマート充電サービスが必要に?

テスラ魔改造 レンジエクステンダー付きに

➡□電力不足、EV充電制限を受けてこんなテスラ改造車も!

まちエネ 毎晩充電し放題プラン 三菱

➡︎□まちエネの毎日充電仕放題でのMCリテールエナジー

東京電力 v2h エネカリ

➡︎◻︎東電、三菱のV2H計画

東京電力 三菱自動車V2G

➡︎□東電 三菱のV2G計画

三菱アウトランダーPHEV V2G実証実験 オランダ

➡︎□V2Hの次はV2G オランダでの実証実験


トヨタ実証実験都市「コネクテッド・シティ」裾野市

➡︎□トヨタの実証実験都市コネクテッドシティ


IHI運搬機械 立体駐車場用EV充電器

➡□EV充電できるターパーキング

ENEOS NECのEV充電事業を所得

➡□ENEOSがNECから充電サービス事業を買収

ユビ電 ウィーチャージ EV充電課金システム

➡□ユビ電の充電サービス「ウイーチャージ」

e-Mobility Power EV充電サービス 

トヨタ自動車、日産自動車、本田技国産メーカー4社出資の「e-Mobility Power」
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する