'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

祝!2年連続国内PHEV販売台数1位 2022年アウトランダーPHEV 1万7059台

本日はオーナーも聞いて喜ばしい
ニュースをお届けです。




三菱アウトランダーPHEV PHEV国内販売NO1

三菱自動車は4月13日、クロスオーバーSUVアウトランダーPHEV』の2022年度国内販売台数が1万7059台となり、PHEVカテゴリーで2年連続1位を獲得したと発表した。
アウトランダーPHEV 道に縛られる

また、クロスオーバーSUV『エクリプス クロスPHEV』が4485台でPHEVカテゴリーの2位を獲得。両車合計で2万1544台を販売し、三菱自動車は国内PHEVカテゴリーシェアの約54%を占め、2年連続1位となった。

三菱アイミーヴ アイミーブ i-MiEV

三菱自動車は1964年から電動車の研究開発を開始し、2009年に世界初の量産電気自動車『アイ・ミーブ』を発売した。2013年には世界初のSUVタイプのPHEVとしてアウトランダーPHEVを発売、2020年にはエクリプス クロスのPHEVモデルを追加。アウトランダーPHEVは世界60カ国以上で累計約33万台を販売し、PHEVカテゴリーをリードしてきた。さらに昨年6月には『eKクロスEV』を投入、11月には軽商用EV『ミニキャブ・ミーブ』の販売を再開。今後も電動化技術の活用を通じ、カーボンニュートラルの実現に貢献していく。

➡︎□元記事に



素晴らしい!この高価格車が1万7000台も売れたとは、
これだけで三菱としては今までにあり得ないことです。
そしてトヨタの追い上げがあるものの、PHEVという
ジャンルのドミナント企業のポジションをしっかりキープできているのは
凄いことだと思います。
(日本人はなんでもランキングやNo1が好きなのでこれほこれで
良いのですが、本当に重要なのはオンリー1なことだと思います。)

但し、今回の一位はアウトランダーPHEVFMC年であった事が大きく寄与しています。
これからは、北米、そして来年以降は一大市場の欧州で販売台数を
積み上げたいところですね。(世界規模で見るとPHEVの一位は中国BYDらしいです)

国内PHEV内のシェアを見ると、2022年上半期が65⇒年間54という事ですから、
下半期は40%台に低下したことが予想されます。
トヨタ車や外資のPHEV参入が効いてきています。
数字を維持するには何らかの工夫や企業努力が期待されます。
頑張ってください!。



三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ コンセプト

➡︎□2022上半期も1位に


PHEV購入者について調査 東洋経済

➡︎□今PHEVを買っているのはどんな人なのか?東洋経済

三菱アウトランダーPHEV 初心者 プラグインハイブリッド


➡□新型アウトランダーPHEV予約者は、三菱&PHEV新客多数

電動車両購入意向者


➡□2018年記事、今電動車両の購入を検討している人はどれくらい?どんなプロフィール?



アウトランダーPHEV累積販売台数


➡︎□2016年記述 初代アウトランダーPHEV10万台までの道


三菱アウトランダーPHEV 世界累計販売台数推移

➡︎□2019年アウトランダーPHEV 世界累計20万台達成


アウトランダーPHEV 英国 Mitsubishi outlander phev uk

➡︎◻︎英国だけでアウトランダーPHEV5万台突破

欧州電動車販売ランキング EV PHEV アウトランダーPHEV

➡︎□三菱アウトランダーPHEV 2021年に欧州EV・PHEVランキングでベスト20圏から陥落
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する