fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱、神奈川・埼玉のヤマダデンキ5店舗で軽EV販売

ヤマダ電器でekクロスEV
ミニキャブミーブを法人向けに販売するとの事。
時代は変わりつつある気がするニュースです。



三菱自動車とヤマダデンキは、これまでもEV販売に関する協業の実績があり、2010年にはヤマダデンキの一部店舗にて、EV『アイ・ミーブ』の新車販売を行なった。今回の協業では、三菱自動車の国内販売子会社である東日本三菱自動車(以下、東日本三菱)の営業地域において、法人向け自動車販売を手掛けるヤマダデンキの5店舗で新車販売を開始し、今後は販売店舗を11店舗まで増やす計画としている。また、購入後のアフターサービスについては、東日本三菱との連携の下、ヤマダデンキがパートナー※2と構築している整備ネットワークが担当する。
ヤマダ電器 三菱自動車EV販売

三菱自動車は、軽EV『eK クロス EV』と軽商用EV『ミニキャブ・ミーブ』という身近なEVの商品ラインアップが揃ったことを機に、EV周辺設備に関するビジネスノウハウを持つヤマダデンキと再び協業し、顧客にEV活用の提案と利便性の高いサービスを提供することで、カーボンニュートラル社会の実現に貢献していく。
ヤマダ電器 三菱自動車EV販売

ヤマダデンキは、“創造と挑戦”の理念のもと、電気自動車を“21世紀の新しい家電”と位置づける新たな発想とサービスの融合を実現すべく、これまでEV周辺事業であるバッテリーチャージング事業、スマートハウス事業、自動車整備事業(ヤマダ車検)など、次世代モビリティ・ビジネスの構築を綿密に準備している。ヤマダデンキは、三菱自動車と再び協業し、本事業の中心商材であるEVの取り扱いを開始するこのタイミングで、これまで培ったEV用充電器・太陽光発電システム・V2H(Vehicle to Home)の販売・設置工事請負事業及び自動車整備などの周辺サービス事業を更にスケールアップし、顧客に日本最大級の店舗ネットワークの強みを生かした“EVのワンストップサービス”を提供することで、社会・環境の貢献に資する新たな可能性を追求していく。

※1 神奈川:テックランド横浜本店、テックランド横浜泉店、家電住まいる館 YAMADA 戸塚店
  埼玉 :テックランド大宮宮前本店、Tecc LIFE SELECT 春日部本店

※2 日本自動車車体補修協会(JARWA)

➡□元記事に

ちなみに、メンテナンスなどの仕組みは、、。



日本自動車車体補修協会(JARWA、吉野一代表理事)は5日、ヤマダデンキ(上野善紀社長、群馬県高崎市)が販売する三菱自動車の電気自動車(EV)の整備をJARWAの整備工場網が担当すると発表した。実際にはJARWAとヤマダデンキが2021年から共同で構築を進めている「ヤマダ車検提携整備工場ネットワーク」が担っていく。同ネットワークは全国3千店舗体制を目指している。
ヤマダ電器 三菱自動車EV販売

 メンテナンスには両者の整備ネットワークに加えて、JARWAと整備受託管理大手のナルネットコミュニケーションズ(鈴木隆志社長、愛知県春日井市)が取り組む「マルチブランド対応が可能な全国規模のEV整備ネットワーク」も活用する。JARWAとナルネットは国内に整備拠点網を持たない新興EVメーカーなどと連携し、EVの特性に合わせたメンテナンスパックなどの開発も進めている。




従来はクルマは公式ディーラーさんから買うものと言うのが常識でしたが、
今やネット販売やサブスク、そしてEVを電気屋さんで買う時代です。

お客様が買える方法に選択肢が増える事は良い事だとお思います。
一方で電動車両は街の車検屋さんでは整備が難しいいことから、
専用のメンテナンススキームが必要になります。
しかしそこさえちゃんとしてくれれば、販売と整備は分離専業化されても
良い時代なのかもしれません。

特に法人はランニングコストが下がればメリットがあります。
売れると良いですね。

日産サクラ 三菱ekクロスEV


➡︎□三菱ekクロスEVと日産サクラ合算5万台突破!


グローバル 電動車両比率とシェア2022

➡︎□世界の電動車両業界地図2023

スズキ EV2030迄に6車種

➡︎□スズキも軽EVにもうじき参入予定

スズキ コンセプトEV「eVX」インド

➡□期待のスズキEVのコンセプトモデル「EVX」インドから

EV商用車連合 トヨタ スズキ ダイハツ

➡︎□2021年記事スズキ、商用車EVでトヨタダイハツ連合に合流

三菱 ek クロスEV 軽EV

➡︎□日産三菱軽EV 他社に2年半リードの意義とは?


化石燃料と再生可能燃料

➡︎□脱化石燃料に向けて3つの課題の一つ軽自動車と日経

日本の軽自動車2020

➡︎□「軽EVこそ日本が求めるEVの姿だ」説

車のサブスクリプション

➡︎□EVのサブスク、リースは普及への双刃の剣?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する