fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱新型トライトン遂に公開!2024年に日本でも発売決定!

昨日、遂にバンコクで世界に先駆けて三菱の世界戦略車
新型トライトン/L200(欧州名)が公開されました。
記事はCARVIEWから、写真は小生が各所から
拾ったもので紹介します。



三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton
(駆動系の諸元表)

 三菱自動車工業は7月26日、新型1tピックアップトラックトライトン」をタイ バンコクで世界初披露するとともに、タイで販売を開始した。今後、アセアンやオセアニアから順次グローバルに展開するほか、日本市場へは約12年ぶりに投入する計画で、2024年初頭の販売を予定する。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton
(ヤマブキオレンジメタリックカラーの新型トライトン)

 三菱自動車ピックアップトラックは1978年に発売以来、45年間で5世代にわたり約560万台を生産し、世界約150か国で販売してきた三菱自動車の世界戦略車。約9年ぶりのフルモデルチェンジで6代目となった新型トライトンは、「Power for Adventure」という商品コンセプトのもとで開発を進め、内外装デザインからシャシー、ラダーフレーム、エンジンなどを一新した。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton



 新型トライトンは、SUVの快適性とトラックの実用性を兼ね備えた2列シートのダブルキャブ、1列シートのベーシックなシングルキャブ、そしてフロントシート後ろに荷室スペースを設けることでリクライニングも可能なクラブキャブと、用途に応じた3タイプのボディを設定。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 新開発となるラダーフレームは従来型から断面積を65%増やし、曲げ剛性40%、ねじり剛性60%の強化を実現する一方で、ハイテン鋼の採用比率を大幅に増加することで重量増を最小限に抑えたという。これにより走行性能や乗り心地の向上に大きく寄与するとともに、積載時の耐久性、衝突時のエネルギー分散性も向上するなど堅牢性を高めた。また、ボディも同様に新たに1180MPaのハイテン鋼を採用するなど、従来車に比べ軽量化を図っている。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 パワートレーンには環境性能と動力性能を大幅に向上したという新開発の2.4リッタークリーンディーゼルターボ「4N16」型エンジンを搭載。高出力仕様と標準仕様が用意され、高出力仕様では新型ターボチャージャーと新燃焼システムを採用し、150kWの最高出力と470Nmの最大トルクを約1500rpmから発生し、実用域での応答性に優れたトルクフルな走行を可能にした。標準仕様では最高出力135kW/最大トルク430Nmと、最高出力110kW/最大トルク330Nmの2仕様のエンジンを設定し、いずれもタービン容量を可変制御するVGターボチャージャーを採用した。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 また、トランスミッションは従来車でも採用されたスポーツモード付き6速ATと、シフトレバーをワイヤー式とすることでエンジンから直接伝わる振動を低減して快適性を向上した6速MTを採用した。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 高出力仕様エンジン搭載車には電動パワーステアリングを新採用。低速域ではアシスト量を増やすことでコントロールしやすさを追求し、高速域では手応えを増やすことでドライバーに安心感を与える仕様とした。また、路面からのキックバックを減らし、オフロードや牽引時を考慮したチューニングも行なわれている。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton


 一方で4WDシステムは走行中にダイヤル式のセレクターで簡単に4WDモードを変更することができ、前40%、後60%に駆動力を配分し、トラクション性能とコーナリング性能を両立するトルク感応式LSDを備えた三菱自動車独自のスーパーセレクト4WD-IIと、イージーセレクト4WDを引き続き採用した。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 スーパーセレクト4WD-II搭載車は後輪駆動の「2H」、フルタイム4WDの「4H」、センターディファレンシャル直結の「4HLc」、さらによりローギヤの「4LLc」の4種類が選択可能で、ドライブモードは従来車のオフロード4モードから、オンロードも含めた7モードに増加。すべての4WDモードに設定されている「NORMAL」モードをはじめ、2Hには経済性を重視した「ECO」、4Hに「GRAVEL(未舗装路)」と「SNOW(氷雪路)」、4HLcにトラクション性能を引き出す「MUD(泥濘)」と「SAND(砂地)」、4LLcには「ROCK(岩場)」モードが設定され、あらゆる路面で最適なドライブモードを選択できるようになっている。また、イージーセレクト4WD搭載車の4WDモードは後輪駆動の「2H」、センターディファレンシャル直結の「4H」、よりローギヤの「4L」が選べる。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 スーパーセレクト4WD-II搭載車では新たにアクティブヨーコントロール「AYC」を採用し、コーナー内側の前輪に弱くブレーキをかけることで旋回性を向上させることが可能。また、2WD/4WDモデル共にアクティブLSD(ブレーキ制御タイプ)を採用しており、空転している車輪にブレーキをかけて路面をグリップしている車輪に駆動トルクを分配することで、滑りやすい路面での安全性が向上すると共にスポーティな運転を楽しむことができるという。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 また、カーブが連続するような道路で安定性を向上させるアクティブスタビリティ&トラクションコントロール「ASTC」を全車に標準装備したほか、下り坂で一定のスピードを保持して走行することができるヒルディセントコントロール「HDC」、坂道発進でのずり落ちを防止するヒルスタートアシスト「HSA」などを引き続き採用した。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン式を踏襲し、信頼性と耐久性を重視しながら新開発した。4WDおよび2WDのハイライダーのアッパーアーム取り付け部を上方に移動し、ストロークを20mm増やして接地性・乗り心地を向上したハイマウントタイプとした。リアサスペンションは強度を維持しながら軽量化したリーフスプリング式を採用し、大径化されたショックアブソーバーと共に快適な乗り心地を実現したとする。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 そのほかメンテナンス性の向上として、アンダーカバーの脱着なしにエンジンオイルの交換を行なうことができるようにドレーンボルトの位置を変更し、またアタッチメントなしでガレージジャッキが使用できるようサービスホールを拡大(4WD/2WDハイライダー)。また6速MT車はギヤオイルの交換を不要にするなどメンテナンスフリー化も進めているという。

三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

新型トライトンでは内外装デザインをはじめシャシー、ラダーフレーム、エンジンなどを一新した
 デザインコンセプトは「BEAST MODE」(勇猛果敢)。ピックアップトラックに求められるタフさや力強さに加え、三菱自動車らしい堅牢さを持ちながら俊敏さも併せ持つ堂々とした佇まいを表現。「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトは、力強く立体的なフロントグリルやフェンダーから繋がる力強い造形、それを強調するプロテクターで、ピックアップトラックに最適化された。3連のL字型LEDランプを配したデイタイムランニングランプは猛禽類を思わせる眼光鋭い造形とし、その下に立体的な3眼プロジェクター式のヘッドライトを組み合わせることで圧倒的な存在感と逞しさを感じさせるデザインに仕上げている。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

 ボディカラーは従来車にはない、鮮やかさとメタリック感を強めたヤマブキオレンジメタリックと、輝度感を向上させたブレイドシルバーメタリックを新たに投入。高品質なベーシックカラーとしてホワイトダイヤモンド、ホワイトソリッド、グラファイトグレーメタリック、ジェットブラックマイカをラインアップする。

三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton
(イベント会場にはカンガルーバンパーを有した等のカスタムカーも)
「HORIZONTAL AXIS(ホリゾンタル・アクシス)」コンセプトを進化させたインストルメントパネルを採用
 また、インテリアでは走行時の車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調で力強い造形の「HORIZONTAL AXIS(ホリゾンタル・アクシス)」コンセプトを進化させたインストルメントパネルを採用。プロフェッショナルユースを意識し、乗員を保護するためにソフトパットを要所に採用し、実用性の高さを確保。デザイン面では、幾何学的な造形とメタリックを多用したハイコントラストでモダンな空間に仕上げた。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton ラリーアート
(こちらラリーアート仕様)
 また、カーゴベッドは大型化することでベッドライナー装着状態でもユーロパレット積載にも対応したほか、従来モデルに比べて荷台高を45mm低い820mmとし、さらにバンパーコーナー上面の面積を拡大し、フレームで補強、足を乗せるスペースとして使用可能とするなど実用性を向上させた。

 ➡︎□元記事に




これは良いではないですか!
公開で分かった個人的ファインディングスを以下に記します。
①アセアンに続き、2024年 12年ぶりに日本でも発売決定
②シート数と乗車スペースの異なる3タイプのモデルあり
③アライアンスに関係ない三菱独自開発の新型ラダーフレームを採用
 これが日本に発売になるので日経が誤報した「三菱国内向け車台開発中止」にはならなかった。
④パワートレインは、今回は2.4ℓDOHCインタークーラーターボディーゼルのみ。
 期待の電動パワートレインは未発表でした。果たして日本発売時に追加あるか?
 ダイヤルセレクターは2輪駆動、フル/ハーフタイム4輪駆動を選択する
パジェロ譲りのスーパーセレクト4WD−Ⅱを切り替えるものでした。
 その上にあるドライブモードボタンでアウトランダーにもないSANDモードやROCKモードも
 含む7モード選択可能。凄い!
⑤デザインは、最新のダイナミックシールドデザインを採用して素敵です。
 個人的には3眼のプロジェクターヘッドライトはアウトランダーユーザーも羨ましい出来か?
 そして「コの字」型のダイナミックシールドクロームラインが、ボディカラー
 (ヤマブキオレンジメタリック良い!)によっては、ブラックアウト塗装されていてカッコいい!
 ボディ同色が、横方向に走る大型グリルの上部にMITSUBISHIロゴがパンチングされています。
 新しいXTCコンセプト風ブロック型造形付きのロワーガードや、
 外から別パーツで付いているタイアフェンダーなどよくぞ実車化したなと思える勇ましさが凄い。
⑥インテリアはアウトランダーほどの高級感はないものの
  (ハンドル奥のドライバーディスプレイもフル液晶ではなくアナログメーターとの組み合わせ)
 特に手袋でも使えるエアコンの物理ボタンとレバーがイイね。
ピックアップトラックらしい樹脂でコートされた荷台と大型ステップは大迫力であり実用的。
など、日本でこれが走ってきたら度肝を抜かれるクルマではないでしょうか。
個人的にはこのラダーフレームの間に電池を乗せて、メカニカル4WDの代わりに
電動制御された電動トライトンが出ると良いなと期待します。



発表会の三菱幹部や、担当の方々のこのクルマにかける気合を
感じました。世界各地での人気車になる予感です。ー
今日は先ずは速報まで。

2代目 三菱パジェロ スーパーセレクト4wd

➡︎□パジェロのスーパーセレクト4WDについて過去記事

以下に、
非常にカッコいいいプロモーションVTR
が公開されましたので紹介します。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton
砂嵐の中から真っ赤に焼けた鉄の塊が登場、徐々にトライトンに。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton
砂嵐からトライトン発進
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton
オフロードを爆走
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton
ダイヤルセレクターで駆動モードをチェンジ
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton
THE ALL NEW MITSUBISHI TRITON/L200
➡︎□YouTube 三菱トライトン初登場編

三菱 新型トライトン


➡︎□新型トライトン 先行公開情報


三菱新型トライトン ティザー2023

➡□新型トライトン チラ見せ(これは新しいダイナミックシールド?)

2023 3月三菱自動車 中期経営計画 新車発売計画

➡︎□三菱中期経営計画には「BEV pickup」が記載されている

三菱新型トライトン

➡□新型トライトン、Cliccar誌予想2023年4月


ベストカー三菱スクープ2023
➡□ベストカー誌の予想図(ヘッドライトが違う)


三菱新型トライトン2023 スパイショット

➡︎□新型トライトン12年ぶりに日本復活発売か?


チーム三菱ラリーアート アジアクロスカントリーラリー2022 優勝


➡︎□2022アジアクロスカントリーラリートライトン総合優勝!

三菱新型トライトン フルモデルチェンジ2023

➡︎□2022年9月記述 新型トライトンは世界戦略車

三菱新型トライトン2023
(この時はヘッドライトの形状はわからず)
➡︎□新型トライトンについての過去記述

Mitsubishi 三菱マレーシア トライトンファントムプラスエディションtriton phantom plus

➡︎□トライトンファントムプラスエディション

Mitsubishi triton S limited タイ三菱トライトンSリミテッド

➡︎□トライトン Sリミテッド

池上彰アフリカ自動車事情 JICA寄稿

➡︎□三菱アフリカでL−200ノックダウン方式で生産
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する