fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

新型トライトン日本仕様どうなる? 三菱トップに聞いた「電動化」ベストカーより

今日は、新型トライトンに関するベストカー誌の記者による
興味深い三菱幹部へのインタビューを紹介します。
興味深いので全文転載させてもらいました。
ちなみに写真は小生が一部拾ってきて挿入しています。


2023年7月26日、タイ・バンコクで世界初披露となった新型トライトン。世界戦略車としてASEAN諸国を中心に販売されるこのモデルは、今回の発表会でなんと「2024年初頭に日本市場でも販売する」と明言された。えらいこっちゃ。この発表会場で、三菱自動車加藤隆雄社長、長岡宏副社長(開発・商品戦略・TCS・デザイン担当)、中村達夫副社長(営業担当)に短い時間ながら詳しい話を伺う機会を得た。新型トライトンの日本仕様がどうなるか? 電動化は? 派生車種は?? 大変突っ込んだ話が聞けました!!
三菱新型トライトン all new triton


新型トライトン日本仕様どうなる? 三菱トップに聞いた「日本市場での勝算」と…え……まさかの「電動化」と「次期デリカ構想」

■「三菱」を象徴するクルマに

――新型トライトンがタイで世界初披露となりました。同時にこのモデルは12年ぶりに日本へ導入する(2024年初頭)とのこと。どのような経緯で日本市場へ導入することになったのでしょうか。

2023年7月26日、三菱自動車の世界戦略車である新型トライトンが9年ぶりにフルモデルチェンジを実施。2024年初頭には(9年ぶりとなる)同車の日本導入も明言された
三菱新型トライトン  all new triton

加藤隆雄社長/かつてトライトンは一度日本市場に挑戦して(2006~2011年)、その時は台数を絞って「これくらい」という感じだったんですが、その頃(12年前)と比べて近年は日本のお客さまもかなり嗜好が変わってきて、たとえばアウトドアにはもっとお金をかけていいんじゃないかというユーザーが増えてきております。それに合わせて販売店のほうから「もっとアウトドアカラーの強いクルマを」という声もあり、それなら新型トライトンがいいんじゃないか、ということで日本市場への導入を前向きに検討するようになりました。

――新型トライトン(タイ仕様)には3つのボディ(シングルキャブ、ダブルキャブ、クラブキャブ)と、3つのディーゼルエンジン仕様(ハイパワー版、中間版、通常版)があります。これ、常識的に考えると、日本で売れるとするならダブルキャブのハイパワー版かな、とは思うのですが、日本市場ではどんな仕様が用意されるか、伺える範囲で伺えますでしょうか。

中村達夫副社長/ええと…それではぜひベストカーさんのアドバイスに従ってそれで…(笑)。というのは冗談で、実際に「この仕様で日本に」というのは、まだ検討中の部分もあり、今秋のジャパンモビリティショーあたりで発表させていただければと思っております。
三菱新型トライトン クラブキャブ ダブルキャブ シングルキャブ ボディカラー

新型トライトンは「ダブルキャブ」「シングルキャブ」「クラブキャブ(シングルキャブのややキャビンが長い版)」の3種類のボディが用意されている

加藤社長/もちろん日本のお客様が「こういう仕様がほしい」という希望があると思うんですが、そのいっぽうで、この新型トライトンは「三菱自動車」というブランドイメージを引っ張ってもらいたいと思っています。そうなると高いブランド価値を感じていただきたいということになり、ハイエンドなグレードで、ということは考えております。

■新型トライトンで「電動化」に挑戦は?

――今回発表された新型トライトンはディーゼルエンジン仕様のみでした。このご時世、電動化を考えていかねばならないと思うのですが、「この車種」について、そちらの方向の開発は進んでおりますでしょうか。

長岡宏副社長/はい、なんらかの電動化については、いずれにしてもやらなければいけないと考えています。先行研究の段階ですが、新型トライトンでも、BEVはどうか、PHEVだったらどうか、という検討はしておりまして、とはいえどの時点でどの仕組みがいいか、ということを考えていかなければならないなと

新型トライトンには新開発2.4Lディーゼルターボエンジンが搭載される。とはいえこのエンジン仕様のみでずっと販売していく…とは三菱側も考えていないもよう

加藤社長/やはりそうはいっても、地域ごとに事情や規制のレギュレーション、方針が違っていたりして、こういうグローバルでやっていくクルマは難しいですよね。(電動化は)この商売をやっていくうえでは必ずどこかで必要になってくるとは思うのですが、しかし現時点ではバッテリーをたくさん積むと車重が重くなってしまうし、そのバッテリー製造コストで結局CO2の排出量は増えてしまった、なんていうこともある。そうなるとバイオフューエルのほうが可能性があるのではないか、ということも考えてゆく必要がある。それらも含めて、他社さんに負けないようしっかりやっていきたいと思います。
2023 3月三菱自動車 中期経営計画 新車発売計画
(三菱 中期計画では上段にpickup bevとある)

――日本市場では「三菱自動車=PHEVが得意」というイメージが強くなってきました。新型トライトンの場合、PHEV化は難しいのでしょうか?

加藤社長/非常にありがたいことに、そういうイメージが根付いてきましたよね。ただこのクルマ(新型トライトン)の場合、バッテリーの搭載位置がなかなか難しい…ということは聞いております。なので、あのクルマの場合はHVのほうがやりやすいんじゃないかな。
新型トライトンインタビュー 三菱加藤社長以下

今回インタビューに答えていただいた、三菱自動車加藤隆雄社長(写真中)、長岡宏副社長(写真右/開発・商品戦略・TCS・デザイン担当)、中村達夫副社長(写真左/営業担当)

――日産とのアライアンスを考えると「e-POWER搭載」なんていう可能性もあるのでは?

長岡副社長/わたくしは日産出身ということで、その可能性(新型トライトンにe-POWER搭載)についてお答えしますと、e-POWERという仕組みはいいところとあまりよくないところ、向いているモデルとそうでないモデルがあると捉えております。一般的にいって街中づかい、小さいクルマで近所のお買い物に、という用途には大変向いているのですが、こういう(新型トライトンのような)クルマには、あまり向いているとは言えないだろうなと。なので、もしHV仕様を用意するのであれば、直結モードのような、エンジンで走ることもできる仕様を用意する必要があるだろうなと思っております。たとえば我々がいま持っているPHEVの仕組みの、バッテリーだけ変えて、というような。
日産新型エクストレイル パワートレイン VCターボエンジン e-POWER
(エクストレイルのe–POWERパワートレイン)

■「次はパジェロも復活を」

――御社は2021年に現行型のアウトランダーPHEVが出て、2022年にeKクロスEVが出て、今年に入ってデリカMINIが出て、そして新型トライトンが出て、来年(2024年)早々に日本市場へ投入されます。「三菱らしさ」を急速に取り戻しているように見えるのですが、そういった商品ラインナップの拡充の最大の要因はなんだと思いますか?

加藤社長/そうですね…うーん……、我々の中にももちろん「三菱自動車らしさ」みたいな遺伝子のような意識はあるんですが、ただそれがお客様の間でマイナスに捉えられる時期もあったものですから、一時期「そういうものを薄めていこう」というようなタイミングがあったんですね。

――ふむふむ。

加藤社長/それもあって、たとえば日産さんと一緒にクルマを作ることで、いくつかのモデルは(単独で開発するよりも)非常に安くできたわけです。ただ、じゃあそのクルマの販売が我々の期待どおりだったかというと、ま、ちょっとやっぱり、そうでないところもあった。お客様から「どうせ日産のクルマなんでしょう」と言われるわけです。「三菱のお客様に選んでいただく理由」にはならなかった。そういう意味で、社内で、まあ社長を筆頭にですね、いろいろと喧々諤々の議論をして、やっぱり「三菱自動車らしさ」がないとダメなんじゃないか、じゃあ「三菱自動車らしさ」ってなんなんだ、と話し合って、それがたとえばデリカMINIのようなかたちになったわけです。軽スーパーハイトワゴンというジャンルは、他社さんからも強力なモデルがたくさんあって、その中で「三菱のクルマを」と選ぶ理由はあるか? あるとしたらどんな「もの」が必要なんだ、と。それで車高を上げたりタイヤを大きくしたりフロントマスクを変えたりすると、「おお、三菱らしい」と言っていただけるようになった。

――なるほど、そういう議論の延長線上に、この新型トライトンもあるわけですね。

加藤社長/そうです。このトライトンは、電子コンポーネントなど共有している部品はたくさんあるんですが、それでも心臓部であるフレームやエンジン、パワートレインは我々がやっています。もちろん日産さん、ルノーさん、それぞれ得意なところがあって、それぞれの領分で補い合っていければいいなと思うわけです。これは今後も、こういうやり方でやっていければいいなあと。

――では調子に乗って、次はパジェロ復活も。

加藤社長/そういう声はたくさんいただくんですよねー(笑)。いや、あの、そちらはもうちょっと儲かってから、ということで(笑)。


■「これで次期デリカも作れるんじゃないかと」

――今回の新型トライトンでは、シャシーを刷新して、エンジンも新開発して、パワートレインも新型となりました。そうなると、今後このプラットフォームを使って、何か派生車種が登場すると期待してもよいのでしょうか?

長岡副社長/これまでのトライトンのシャシーを使ってさまざまな車種、たとえばパジェロスポーツのようなモデルも出てきたわけですから、もちろん、ピックアップトラックだけでなく、ここから派生する乗用モデルにご期待いただきたいと考えています。

デリカD:5 アウトランダースポーツ
先代型トライトンと同一フレームを使って東南アジアで販売されている「パジェロスポーツ」。2021年9月にはラリーアート仕様の特別仕様車も発売しているぞ!

――たとえばデリカD:5とか、そろそろモデルも古くなってきて、次期型を開発しているタイミングだと思うのですが、どうでしょう、この新型トライトンのシャシー、エンジン、パワートレーンが使えるのではないでしょうか?

長岡副社長/いやあ、実は「この(トライトンの)フレームをベースにしてデリカを作れるんじゃないかと試したことがあるんですが、このフレームにあの背の高いボディを載せると、前後に動いちゃってちょっとこれは無理だな、という結論になりました。なのでデリカについては別の方法を一所懸命考えています。

――おお、そ、そうなんですか。ありがとうございます。

短い時間(30分程度)であったが、非常に濃厚なコメントをいただきました。三菱自動車の新型トライトンは、7月26日にタイで発売開始となり、2024年初頭に日本でも発売されると明言されました。また2023年10月下旬開催のジャパンモビリティショーでの出展も明かされましたので、一般の方はそこで「生」の新型トライトンを目にすることができるはず。新型トライトン、「本物」はガチでカッコいいです! 期待大!!

➡□元記事に




個人的に興味深いファインディングスがあったのは、
①新型トライトンの日本発売車種は公式には未定とのこと。
 ちなみに三菱公式HPにはダブルキャブの写真が載っています。
 なのでダブルキャブの販売でトヨタハイラックスとの直接対決が
 本命でしょうか?
②6月の三菱中期経営計画には、布に被った「pickup BEV 」という
 クルマが表記されています。
 北米や欧州で人気の電動ピックアップトラック市場に三菱も参入か?
 と思われましたが、加藤社長の口ぶりから見ると未だ開発は未定か?
 日産出身の長岡氏によると、
 PHEVのバッテリーを小型化したHVになるかも?との事
 今後注目です。
パジェロの計画は今の所無い
④新型トライトンのフレームを使った、次期デリカD:5は開発が難しい。
 アウトランダースポーツの方が現実的。
⑤日産e ~POWERは小型車に適していて中〜大型SUVには適さない。

という事です。
今後の三菱の新車開発のヒントになるインタビューでした。

三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

➡︎□新型トライトン遂に公開(バンコク)

三菱 新型トライトン


➡︎□新型トライトン 先行公開情報


三菱新型トライトン ティザー2023

➡□新型トライトン チラ見せ(これは新しいダイナミックシールド?)

2023 3月三菱自動車 中期経営計画 新車発売計画

➡︎□三菱中期経営計画には「BEV pickup」が記載されている

三菱新型トライトン

➡□新型トライトン、Cliccar誌予想2023年4月


ベストカー三菱スクープ2023
➡□ベストカー誌の予想図(ヘッドライトが違う)


三菱新型トライトン2023 スパイショット

➡︎□新型トライトン12年ぶりに日本復活発売か?


チーム三菱ラリーアート アジアクロスカントリーラリー2022 優勝


➡︎□2022アジアクロスカントリーラリートライトン総合優勝!

三菱新型トライトン フルモデルチェンジ2023

➡︎□2022年9月記述 新型トライトンは世界戦略車

三菱新型トライトン2023
(この時はヘッドライトの形状はわからず)
➡︎□新型トライトンについての過去記述

Mitsubishi 三菱マレーシア トライトンファントムプラスエディションtriton phantom plus

➡︎□トライトンファントムプラスエディション

Mitsubishi triton S limited タイ三菱トライトンSリミテッド

➡︎□トライトン Sリミテッド
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する