fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

月間自家用車のPHEV、オススメ3モデル「ランダーvsRAV4vsプリウス」

10年前は選択肢がアウトランダーPHEVしか無かったPHEV車も、
今は複数のメーカーから選べる時代になりました。
特に力を入れているのがトヨタさんです。
月刊自家用車が、PHEVパワートレインからユーザーのニーズに合わせて違いを紹介しています。




ハイブリッド車とバッテリーEV車のメリットを上手に融合しているプラグインハイブリッド車。ハイブリッド車と比べると少し価格が高めゆえに見逃しているユーザーも多いだろうが、宿る性能をじっくり見ていくと、なかなか買い得であることが分かる。ここでは注目して欲しい3つのプラグインハイブリッド車をお教えしよう。

●解説:川島茂夫/編集部

高性能だけが売りじゃない。普段使いでも便利に、経済的に使えることも大きな魅力
上級モデルを中心に採用が進むプラグインハイブリッド車(以下PHEV)。駆動メカニズムの細かな考え方は異なるが、国内で販売されているPHEVは、ハイブリッド車(以下HEV)と同じエンジン+モーターの基本システムに、少し大きめの走行用バッテリーと外部充電機能を備えていると考えていい。
外部充電に対応していることを除けば、走行システムはほぼHEVに等しいが、PHEVとHEVで大きく違うのが、EV航続可能な距離の長さ。HEVの中にも電動走行モードを持つモデルはあるが、総じて純電動で走れる距離は極めて短い。一方、PHEVは大容量バッテリーを搭載することで、航続可能距離を伸ばしており、現在販売されているPHEVの大半は、満充電でのEV後続距離はWLTCモードで70km超というのが標準的だ。

エンジン+モーターのシステム合計出力が優れているだけではなく、通勤や買い物などのタウンユースはEV走行、レジャーなどの中長距離用途はHEV走行と、フレキシブルに対応できることもPHEVの強みになっている。必然的に価格はHEVよりも高くなってしまうが、自宅に200Vコンセントを設置できるユーザーならば、より経済的にPHEVのメリットを満喫できるだろう。
三菱アウトランダーPHEV vs RAV4vsプリウス

ミツビシ・アウトランダーPHEVオンロードもオフロードも良質な走り。経済性も含めたバランスの良さはトップ級
価格帯:484万1100~570万5700円。

PHEVに興味を持つユーザーの中には、BEV(バッテリー式電気自動車)の走りを楽しみたい、あるいはその使い勝手を試したいと考えているユーザーも少なくないはず。
その視点で最もBEVに近い運用ができるのが、ミツビシ・アウトランダー PHEVだ。

採用するハイブリッドシステムはエンジンを発電機として用い、発電機とバッテリーから供給される電力によりモーターを駆動するシリーズ式をベースとしている。エンジン駆動機構も備えているため、高速巡航時はパラレル式制御を行うが、基本はモーター主体の純電動走行で、前後輪に独立した高出力型モーターを搭載している。PHEVとしては珍しく急速充電にも対応しており、満充電EV航続距離は85km。BEVに限りなく近い感覚で使いたおすこともできる。


精密な速度制御が可能な電動の利点を活かして操安性の向上を図ったS-AWCを備えるなど、舗装路、悪路を問わない走行性能も一級品。このクラスでも珍しい3列シート仕様も選べるなど、PHEV以外の魅力もしっかりと備えたモデルだ。ちなみにアウトランダーほどのキャビン実用性を求めないならば、一回りコンパクトなボディで、同様の走行システムを採用しているエクリプス クロス PHEVも要チェックすべき1台だ。

エンジン直動機構を備えるため、高速走行時の燃費の落ち込みが少ないこともメリット。
エンジン直動機構を備えるため、高速走行時の燃費の落ち込みが少ないこともメリット。
トヨタ RAV4 PHEV vs RAV4vsプリウス

トヨタ・RAV4 PHV【街中からレジャーユースまで、幅広いステージで活躍できる万能タイプ。HEV走行時の経済性もピカイチ】
価格:563万3000円。

同じSUV系のPHEVとして、もう1台注目したいのが、RAV4 PHVだ。電動感はアウトランダー PHEVには及ばないまでも、HEV走行時の燃費はクラス最高水準で、走行状況によってはHEVモデルを上回るほどの実用燃費を示すほど優秀だ。リヤ側にも駆動モーターを備えるE-Fourを採用しており、レジャーユースも得意。満充電EV航続距離は95kmと、短距離主体の普段使いはできるだけ電動走行でこなしたいというニーズにもしっかりと応えてくれる。


ちなみにハード的に姉妹車関係にあるハリアーにも、同システムを採用したPHEVモデルが用意されている。レジャーはほどほどでオンロード主体というならば、こちらを選んでもいい。
駆動方式は、リヤ側に駆動モーターを備えるE-Fourを採用。ラフロード性能が高いことも強みのひとつ。

トヨタ プリウス PHEV vsプリウスvsアウトランダー

トヨタ・プリウスPHV【PHEVモデルとはして最安クラス。コスパ視点ならば最有力候補
価格:460万円。

SUVではサイズ的に厳しい、あるいは燃費を最重視するユーザーにイチオシしたいのが、プリウスPHVだ。満充電EV航続距離はRAV4 PHVには及ばないものの87kmと、他車を含めたPHEVの中でもトップクラス。さらにHEV走行時のWLTC総合モード燃費は、クラストップレベルの26.0km/Lを記録するなど、HEVとしても優秀だ。価格も本格的なPHEVシステムを搭載するモデルの中では、かなりリーズナブルな設定になっていることも見逃せない。

それでいて走りも良質。エンジン出力はプリウスのHEVモデルと同じだが、モーター出力と合算されるシステム合計出力は223PSを発揮するなど、HEVモデルより1ランク上の動力性能が与えられている。HEVモデルよりも中高速域の加速性能が強化されているので、高速ツーリングを重視するユーザーにもオススメできる。ちなみにOPのソーラー充電システムは、1年間でEV走行に換算すると1200km分に相当する電力を生み出すことができる性能を持つ。屋外に駐車しているだけで、毎月100km分のEV走行電気代を節約できる計算も成り立つ。人気殺到で納期が長め(最新情報では、ソーラー充電システム装着車で12か月程度)になっているのはネックだが、待つ価値があるモデルだ。
➡□元記事に



まあ順当な評価でしょうか。
アウトドア志向の方には三菱をおすすめというのは納得です。
個人的に強調しておきたいのはこのブログでしょっちゅう書いている事なのですが、
三菱のPHEVは非常にEV寄りに作られています。
中速まではエンジンは発電にしか使われません。
こだわりの“PH「EV」”です
一方で、HVに延長線に、ハイパワーHVとして作られているのがトヨタのPHEVです。
基本的にエンジンをモーターがアシストする様に作られた上で、
低速などでBEVとしても走れる設定に作られています。
なのでトヨタはついこの前まで「PHV」と呼んでいました。

ドイツ各社はトヨタ寄り、中国BYDが三菱寄りのPHEVと思っても
良いのではないでしょうか。


RAV4vsハリアーvsアウトランダーvsCXー60 PHEV対決 ベストカー

➡︎□アウトランダーPHEVカービュー誌の比較評価でハリアーPHEVに惜敗


カービュー人気モデル研究 アウトランダーPHEV

➡︎□アウトランダーPHEVカービュー誌比較でエクストレイルE−POWERより下に不服

#新型アウトランダーPHEV PHEVブログ gieron 自家用車写真 横浜

➡︎□何故自分にアウトランダーPHEVが向いていると思うかについて 2023 年版 2023年1月記述




グーネット九条氏推しアウトランダーPHEV

➡︎□グーネット誌の評価について

ベストカーPHEV乗り比べハリアーアウトランダーCX-60ジープラングラー

➡□ベストカーのPHEVベストバイではハリアーに惜敗

三菱新型アウトランダーPHEV vs トヨタRAV4 PHV 比較 対決
➡︎□新型アウトランダーPHEV vs RAV4 PHV ベストカー誌で圧勝!


国沢オススメミッドサイズSUV9選

➡□国沢光宏が選ぶオススメ ミッドサイズSUV9選2023年最新版1位にアウトランダーPHEV

ベストカーPHEV乗り比べハリアーアウトランダーCX-60ジープラングラー

➡︎2023年PHEV試乗対決 ハリアーvsアウトランダーvsCXー60vsジープラングラー ベストカー誌


トヨタ新型プリウスPHV ガスインジェクション機能付きヒートポンプエアコン

➡︎□PHVとPHEVに違いとは?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する