'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

VW新型『ティグアン』PHEVのEV航続距離は100km

なんだかんだ言って、ドイツの大衆車メーカーVWは、
ディーゼル燃費不正発覚後の電動化で今後の動向が気になるメーカーの
一つである事に変わりはありません。





フォルクスワーゲンは9月19日、小型SUVティグアン』(Volkswagen Tiguan)の新型に、欧州でプラグインハイブリッド車(PHEV)を設定すると発表した。
VW ティグアンPHEV

新型ティグアンは3世代目モデルだ。新型ティグアンには、「MQB evo」車台を採用する。このプラットフォームによって、新型ティグアンでは、多様な駆動方式への対応をはじめ、さまざまな新技術の搭載を可能にした。
VW ティグアンPHEV

新型ティグアンには、最新のPHEVとして、「eHybrid」を設定する。EVモードの航続は、最大100kmまで延びた。さらに、すべてのeHybridバージョンでAC充電が高速化され、DC充電も初めて標準装備されている。

VW ティグアンPHEV

現行『ゴルフGTI』でデビューした「ビークルダイナミクスマネージャー」も標準装備された。このシステムは、電子制御ディファレンシャルロック「XDS」の機能と、「DCC Pro」システムのショックアブソーバーのラテラルダイナミクスを制御する。これにより、車両のハンドリングがより安定し、俊敏かつ正確になる、としている。
➡︎□元記事に


VW ティグアンPHEV

「XDS」
高速コーナリング時に駆動輪内側のグリップ不足を検知すると、クルマが瞬間的にブレーキをかけて内輪の空転を抑制。 トラクションを回復させてアンダーステアを軽減します。 これにより、ニュートラルで正確なハンドリングと安定したコーナリングを実現しています。

「DCC」
DCCとは、フォルクスワーゲンのゴルフヴァリアントなどの車両に採用されたサスペンションシステムのこと。電動パワーステアリングの特性やダンパー減衰力を瞬時にコントロールするもので、日常走行に最適な「ノーマル」、俊敏性を高めた「スポーツ」、乗り心地を重視する「コンフォート」の3種類のモードが存在する。




EUの内燃機関発売に関する緩和を受けて、
VWもBEV一辺倒からPHEVの開発を組み入れてくると
予想します。
EV航続距離100km超えは立派だと思います。
一方で、前方にエンジンとEDU、後方にリアEDUとバッテリー
の配置は、遠心に不利な気がします。
三菱の車の中心にバッテリーがある方が回転しやすい様に
思いますがどうなのでしょうか?。
系列のアウディ、ポルシェの多モーター電動車両の開発にも
注目していきたいです。


VW 新型ゴルフGTI

➡︎□VW ゴルフPHEV GTI


VW トゥアレグPHEV


➡︎□VWトゥアレグ PHEVについて


vw アウトシュタット

➡︎□本国で一時的なEV減産に追い込まれたVW、電動化一辺倒計画に修正が?

2023中国新型アウトランダー 48Vマイルドハイブリッド

➡︎□三菱、中国で特損(マイルドHVアウトランダー不振)

VW EV「ID.2all(アイディー・ツー・オール)コンセプト」

➡︎□VW ID2allコンセプト

テスラ中期計画2023

➡□テスラ数年内に300万円台BEV発売へ(新製造法導入)

テスラ 新型車計画

➡︎□テスラ25000ドル新型車発売計画について過去記述(資源高、為替変動でこのころからハードルは5000~10000ドル上がった?)

VW I.D LIFE id ライフ EV

➡□2021ミュンヘンに登場したVW「ID LIFE]は260万円を目指すと言っていたがその後の資源高騰で100万円高に?


アウトランダーPHEV諸元 EV航続距離 RAV4比較

➡︎□今更聞けないアウトランダーPHEV の「EV航続距離」は?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する