fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

三菱自動車の自信作──新型トライトン試乗記 (BY GQ)

カー専門誌のGQは、他誌と比べて非常に
写真のクオリティーが高いので好きです。
今回トライトンの試乗記があったので
紹介します。



三菱自動車が、久々に日本に導入することを決めた世界戦略車である1tピックアップトラックのトライトン。北海道にある同社のオフロードテストコースで初めて実車確認をするとともに試乗した。

三菱新型トライトン 試乗GQ

日本ではあまり馴染みのないピックアップトラックだが、北米はもちろん、中東、豪州、そして東南アジアでは定番カテゴリーであり、これらの市場を中心に多くのメーカーが販売している。

トライトンは1978年に登場して以来、5世代、45年間にわたって、世界約150カ国で約580万台を販売した同社の屋台骨モデル。この度、約9年ぶりにフルモデルチェンジした6代目はフレームシャシーから刷新された新世代トラックだ。軽自動車の電気自動車を投入して話題を集めたり「デリカ・ミニ」をヒットさせたり、と、勢いがついている三菱自動車だが、“良いのができちゃったから久々にトライトンも日本に導入しちゃおう”というノリだと思われる。

三菱新型トライトン 試乗GQ

新型は3つのパワースペックをもつ2.4L直4ディーゼルターボエンジンを搭載するが、日本に導入されるのは最高出力150kW、最大トルク470Nmのもっともハイパワーな仕様で、6ATと組み合わせる。

上記仕様に乗り込んで早速コースイン。パワーは十分。4気筒ディーゼルとしては音と振動もよく抑えられている。エンジン自体は先代から使うものだが、車体の9年分の進化は大きい。


三菱新型トライトン 試乗GQ


結構な勢いで悪路を駆け抜けてみたが、新開発ラダーフレームは頑健で路面から大きな入力があってもしっかりと受け止め、不安なきしみ音などは一切聞こえてこない。フロントがダブルウィッシュボーン、リヤがリジッドのスプリング式と、フレームシャシー車の定番サスペンションもよく煮詰められていて、高速で洗濯板のような路面を走行しても、また低速でモーグル路面を通過しても、高い路面追従性を見せた。つまり凹凸を走行しても4輪がなかなか接地を失わない。
三菱新型トライトン 試乗GQ

...
4WDシステムは走行中にダイヤル式のセレクターで簡単にモード変更可能だ。スーパーセレクト4WD-II搭載車は後輪駆動の「2H」、フルタイム4WDの「4H」、センターディファレンシャル直結の「4HLc」、更によりローギヤの「4LLc」の4種類が選択出来る。
接地を失わないというのは、オフローダーにとって最も重要な性能と言っても過言ではない。接地している限り、駆動力が路面に伝わり、クルマが前進する力が保たれるからだ。逆に接地を失うとその車輪は空転する。駆動力はまわりやすい車輪に集中するため、そこから駆動力が逃げてしまうのだ。実際にはどこかの車輪が空転すると、個別にブレーキがかかって駆動力は他の車輪に振り分けられるが、4輪がいつまでも接地し続けるクルマこそがオフローダーとしてもっとも偉いのだ。


三菱新型トライトン 試乗GQ

サイズは要注意
初めて走行する、狭い区間を含むオフロードコースを、加減速を繰り返しながら走行したが、スクエアなボディ形状と視界のよさのおかげで見切りがよい。ハンドリングも正確なので、狭い区間でもグイグイと攻め込んでいくことができた。

4WDシステムはフロント40%、リヤ60%の駆動力配分を基本とし、コーナーでの曲がりやすさと直進時のトラクション確保をバランスさせたスーパーセレクト4WD-Ⅱを採用する。直進時も旋回時も、ドライ路面でもウェット路面でも、また泥んこ区間でもアクセルを踏みさえすればクルマはグイグイ進んでいく。

ワイルドなルックスだが、洗練された装備もキチンと備わっている。ACC(アダプティブクルーズコントロール)をはじめとする先進的な走行アシスト機能や、安全デバイスは標準装備。悪路なんて行かないという人も日常的に使うことができる。

ただし全長5360mm、全幅1930mm、全高1810mm、ホイールベース3130mmと、日本国内、とりわけ都市部で使うにはデカい。いくらワイルドなルックスに一目惚れしたとしても、サイズだけは冷静に確認することをおすすめする。ただしそのおかげで後席も広く、シートバックが立ちすぎていないので、そこそこ長時間後席にいても不快ではなさそうだ。新型トライトン、実に頼もしいクルマだ。

発売は2024年初頭。価格は未定だが、トップグレードで400万円台半ばと予想される。

➡□元記事に



流石にアウトドアの写真は撮り慣れていないのか、サーキットや
都市部での写真の様には差が出ていませんが、それでも画角が斬新な
写真が素敵です。
あえて言えば記事内の
「良いのができちゃったから久々にトライトンも日本に導入しちゃおう」
のノリは軽すぎると思いたいです。
三菱、考えに考えて、トライトンやエクスフォースの
日本導入を検討していると思いたいです。
何せ今や外国為替に対しては円の一人負け、
輸入車は意外に高いものになるのを覚悟での発売ですから。

新型アウトランダーPHEV GN0W AUTOCAR ツートンカラー


➡︎□こちらも写真がカッコいいので好きなAUTOCAR誌


三菱新型アウトランダーPHEV GN0W GQ誌レビュー


➡︎□どうもGQ誌は三菱車は苦手と思わせる今尾氏のアウトランダーPHEVレビュー


三菱新型アウトランダーPHEV Response

➡︎□ResponseのカッコいいアウトランダーPHEVの写真


三菱新型アウトランダーPHEV 2021 GQ

➡︎□同じ袖ヶ浦で撮っても一味違うGQのアウトランダーPHEV


三菱新型トライトン @十勝

➡︎□新型トライトンの正統派レビューモーターファン誌
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する