'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

マツダ『CX-90』に採用のパナソニック製フルディスプレイメーターが素敵!

昨今のクルマは、インターフェイスが非常に進歩して、
どんどん情報が得やすいツールに進化しています。
コックピットのドライバーディスプレイの進化もその一つ。
今日はマツダ✖️パナソニックのディスプレイを紹介します。



マツダCX90 パナソニックフルディスプレイメーター

パナソニックオートモーティブシステムズのフルディスプレイメーターが、マツダの新型SUV『CX-90』(2023年4月発売)に採用された。パナソニックのフルディスプレイメーターがマツダの乗用車に採用されるのは、『CX-60』に次いで2車種目。

CX-90のフルディスプレイメーターは12.3インチの大画面ディスプレイを採用。速度や警告などの車両状態をグラフィックスで表示し、車両状況に応じてグラフィックスが変化する。これにより、適時・適切な情報を表示し、ドライバーが安全・安心を感じながら運転できる。
マツダCX90 パナソニックフルディスプレイメーター


CX-90に搭載されたフルディスプレイメーターには、パナソニックがマルチメディア商品や車載ナビゲーションで培ってきた高いグラフィックス技術を用いている。ドライバーが運転時に見やすく認知しやすい表現を3Dグラフィックスで実現し、同モデルに相応しい高い品位をめざした。
マツダCX90 パナソニックフルディスプレイメーター

また、ドライバーの好みやクルマの走行状況に応じて、多数の画面モードへの切替も可能だ。安全性を保ちながら、シームレスなアニメーション遷移により様々なドライビング体験を提供する。
マツダCX90 パナソニックフルディスプレイメーター

➡︎□元記事に



これ非常に羨ましいですね。
12インチ、フルカラーのデジタルディスプレイは、近年
常識になっていますが、今回良いと思うのは、
そのソフトウエアです。

同じアナログメーター調のタコメーター、スピードメーターでも
こんなに表示バリエーションがあるのは凄く羨ましいです。

ドライブモードに合わせて、メーターのパターンが変わるのか、
任意で選択できるのかよくわかりませんが、
いずれにしても、今やスマホなどがアプリでカスタマイズできるので、
クルマも気分や好みで変えたいところです。
個人的にEVモードのブルーの表示が好きです。

アルファード ヴェルファイア メーターデザインオプション


➡︎□アルファード/ヴェルファイアの画期的ディスプレイのヴァージョン有料アップデート


Mitsubishi Xforce 三菱エクスフォース ヤマハ Display ディスプレイ

➡︎□三菱エクスフォースに採用の3連ドライビングスコア機能

三菱 ランサー セレステ


➡︎□三菱ランサーセレステの丸型7連メーター
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する