'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ジャパンモビリティショー2023 日産ブース見てきました

東京モーターショー改めジャパンモビリティショー2023
短時間ですが電動車両中心に見てきました。
三菱ブースの次は日産ブースです。
日産は、BEVコンセプトカー中心に意欲的な展示がされていました。
メインステージの3台は写真を撮りましたので紹介します。

ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーフォース 次期GTーR
こちらは「ハイパーフォース」と呼ばれるBEVスーパーカーです。
ど迫力です。次期GTーRとも言われています。

ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーパンク(小型BEV SUV)

次は直線で構成されているのでCG?かとも見えますが、
本物のモデルです。
次期キックス、ジュークあたりになるとも想像される
日産「ハイパーパンクHyper Punk」です。
テスラのサイバートラックばりのポリゴンで作られた様な斬新なデザインです。
今回思い切って曲面を廃したデザインのクルマも目立ちましたが
このクルマもその代表例です。
実際に走ったらすごく目立ちそうです。
ちなみにテスラのサイバートラックのボディはステンレス製だそうです。

テスラ「サイバートラック」電動ピックアップトラック

➡︎□北米での販売が迫る?テスラのサイバートラック

もう一台実車が展示してあったのがこちらの「ハイパーツアラーHyper tourer 」です。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーツアラー 次期エルグランド
次期エルグランドと言われていますが、
これもグリルレスで全面に液晶と、小型LEDが散りばめられていて
表情を変えられるクルマです。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーツアラー 次期エルグランド
そして社外レールレスの大開口スライドドアを採用。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーツアラー 次期エルグランド
中は素晴らしい中央に走るアームレストバー(やかんが見えます!)の両側に対面シートになっています。
更に床が一面の液晶パネルになっていて、京都龍安寺の庭のイメージを投影していました。
外国人観光客の接待に受けそうです。
これは凄い!

ここまでが実際に見たクルマです。
実は本当に見たかったのは、実車が展示されていなかった
「ハイパーアドベンチャー」というSUVコンセプトカーでした。


ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーアドベンチャー 次期エクストレイル
(日産公式HPより)
「ニッサン ハイパーアドベンチャー」は自然を愛し、環境に配慮したライフスタイルを送りながら、アウトドアを存分に楽しみたいユーザー向けの本格SUV。週末に近くの山へ遊びに行くときも、人里離れた場所へ数カ月にわたって旅する時も、アウトドアにおける多様なニーズに対応するとのこと。
大容量バッテリーを搭載、長期間の旅や長距離ドライブが可能で、アウトドアでの給電にも対応。V2X(ヴィークル to エブリシング)機能によって、バッテリーの電力を自宅に供給したり、グリッドと接続して電力インフラをサポートしたりすることもできるそう。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーアドベンチャー 次期エクストレイル

走りでは進化した電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」が、雪道や山道でも快適な乗り心地を実現。
外観はダイナミックな面構成のボディパネルでアクティブさを表現。フロントガラスがフロントフード下へ伸びつつ、フロントバンパーのエアダクトとつながっている独特の構造で、高い空力性能をもつとのこと。
また、ほぼ垂直に切り立ったリアゲートまでルーフラインが水平に伸びるシルエットによって、後席や荷室空間も広そうです。
その荷室空間には大量のアウトドアギアを積み込み可能。後席はボタン操作で180度回転して後ろ向きにセットできるため、景色を楽しんだり、登山やウインタースポーツの準備にも使えます。バックドア開口部にはラダー状のステップを装備。
ジャパンモビリティショー2023 日産ハイパーアドベンチャー 次期エクストレイル

前後バンパーやホイールにはアイゼン(氷や固い雪上を歩く、登山靴に装着する金属の爪)から着想を得たパターンになっています。
内装では左右のフロントピラー間をつなぐ超横長のワイドディスプレイを配置。フロントガラスには車外の映像が写し出され、運転時にはボディが透けたようなワイドな視界を実現。車の内外の空間がシームレスにつながる感覚が味わえるのだとか。
残念ながらこのモデルもバーチャル展示のみで、実車のコンセプトカーは展示されません。
➡□元記事に



アウトランダーPHEVとの兄弟車として開発された現行エクストレイルが、
やや都市型SUVに振ってうまく行っていないことを考慮すると、
今度のエクストレイルはこのくらいアウトドア志向に戻してちょうど良いかも
しれないと思い注目しました。
このリアラダーの実物が見てみたかったのですが、残念ながらモデル化するのも
難しいぐらいのコンセプトだったのかもしれませんね。

今後のアライアンス仲間日産に期待です。
続く、、。

新型三菱アウトランダー新型日産エクストレイルall new outlander x-trail

➡︎□兄弟車としての開発はこれが最後z。日産エクストレイルと三菱アウトランダー
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する