'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

ジャパンモビリティショー2023見てきました トヨタ&レクサス編

今日は、PHEVブログオーナー視点で短時間ですが回ってきた
ジャパンモビリティショー2023報告のその④
トヨタ編です。(小生撮影による)

先ずはレクサスの展示車から、、
ジャパンモビリティショー2023 レクサスLF-ZLコンセプト
次世代のフラッグシップEVコンセプト「レクサスLF-ZLコンセプト」です。。
グリルレスなのですが、左右と下側が凄い造型になっていて、
レクサスの新しい顔つきを示唆しています。(高級そうな微細な縞プレス)
もはやスピンドルボディでもありませんね。
ドアの開き方も斬新です。前ドアが通常の開き方に対して、
後ろドアがレールレスでスライドドアに。ステップも出ています。
後部シートは全く別のデザインになっていて、来賓館があります。
これってレクサス版センチュリーかもしれません。
ジャパンモビリティショー2023 レクサス LFーZL
このリアの成形のプレスの作り込みが凄い。
ストライプ溝彫がうねっています。日本の職人技全開。

ジャパンモビリティショー2023 レクサスLF-ZCコンセプト
「LF-ZCコンセプト」
次世代のBEV、SUV寄りのクロウオーバーカーです
こちらは通常ドアでデジタルサイドカメラ付き。
ハンドルの両側にスマホが付いている様なモニターで、
結構現実的、この配置見やすいかもしれません。
ジャパンモビリティショー2023 レクサスLF-ZCコンセプト
リアも大迫力。横一文字にLEXUSロゴが光るのは素敵です。
トヨタ車の今後のトレンドですね。
縦L字は微妙ですが細かい縞で構成されているLEDリアコンビネーションライト
も今後市販車に導入されそうな意匠です。

ジャパンモビリティショー2023 レクサスROVコンセプト
レクサスブースにもう一台あったのが「ROVコンセプト」です。
レクサス版ラストワンマイル車か、レクリエーションバギーか、
レクサスはこういう事はやらなくても良いにでは?と思う程
トヨタは総合力がありますね。

ジャパンモビリティショー2023トヨタLAND CRUISER Se(ランドクルーザー エスイーEPU(イーピーユー
さてトヨタ本体のステージには、「スペースモビリティ」(月面探索車)、「EPU」(BEVピックアップトラック)、
そしてトヨタ「LAND CRUISER Se」の3台が。
新型ランクルの発表会の後ろにシルエットになっていた2台のうちの1台は
「LAND CRUISER Se」だったものと推察されます。

トヨタ次期大型SUV 新型ランクル発表会

➡︎□新型ランクル発表会の謎のシルエット2台


ジャパンモビリティショー2023トヨタLAND CRUISER Se(ランドクルーザー エスイー
こんなのランクルじゃない!という様なデザインですが、
今回の新型ランクル250が原点回帰デザインなので、まあこういう方向も
あっても良いかと思います。ちなみにBEVです、

ジャパンモビリティショー2023トヨタFT-Se(スポーツタイプEVコンセプトカー)
トヨタの電動車両攻勢はまだ続きます。
スポーツカーもBEVです。「トヨタFT-Se」
実車はとてもカッコよかったです。早そうです。
レクサス LAF II ベストカー PHEV
(LFAⅡ想像図)
➡□レクサスLFAⅡ?PHEVも?
トヨタ レクサス EVマニュアルトランスミッション
➡︎□レクサスでEV用マニュアルトランスミッション開発中
従来トヨタはレクサスで電動スポーツカーを発表していましたが、
今回トヨタのBEVスポーツカーを展示してきたのは佐藤新社長若干方針転換か?
ジャパンモビリティショー2023トヨタFT-3e(SUVタイプEVコンセプトカー)
こちら「FT-3e(SUVタイプEVコンセプトカー)」
次のbz4xでしょうか。しかし上手くいっていない、スバルとの共同開発も今後?
なので違う車名で出てくるかもしれません。
ジャパンモビリティショー2023 トヨタ KAYOIBAKO
「KAYOIBAKO」これまたBEVで「次世代のbB」とも
言われています。ネーミングの付け方といいダイハツかスズキの
コンセプトカーっぽいですね。
しかし全固体電池の優位性を活かしたフラットな床と自転車も積める
高い居住性こういうBEVこそ売れそうな予感です。2台目に良いですね。

ジャパンモビリティショー2023 トヨタトラック IMV 0 RANGGAコンセプト
さてここから数台今年のジャパンモビリティショーの特徴でもある商用車
を紹介します。今年は非常に商用車が目立ちました。
日本では個人所有のクルマのニーズが低下し、商用車やリース、特別仕様車が
残るという事は想像できる未来です。
トヨタは、次世代のトラック「IMV 0」をベースとしたアセアン用の「RANGGA」
を展示していました。
変幻自在の荷台を持つこのトラックは、商用だけでなく個人仕様など応用が効く
クルマの提案をしています。

ジャパンモビリティショー2023 トヨタGLOBAL HIACE BEV CONCEPT(グローバルハイエースBEVコンセプト
そして商用車の代表といえばトヨタハイエースです。
トヨタ車体のブースに「GLOBAL HIACE BEV CONCEPT」がありました。
色んな予想もありましたが、どれとも違う新しいデザインでした!
デイタイムランニングライトが横一文字。黒い隙間からヘッドライト。
新型トヨタハイエース PHEV
➡︎□新型ハイエース登場間近?
ジャパンモビリティショー2023 トヨタGLOBAL HIACE BEV CONCEPT(グローバルハイエースBEVコンセプト
これも全個体電池採用か?荷物の積み下ろしが楽な低い床面なのに
床が薄い!商用車にこそBEVが最適なのがわかるコンセプトカーです。
初代ハイエースがありましたが逆に新鮮。BEVで復活して欲しいです・

ジャパンモビリティショー2023 トヨタX-VAN GEAR CONCEPT(クロスバンギアコンセプト
これの応用版。
X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバンギアコンセプト)これも良いです。
車中泊やキャンピングカーのベース、大型タクシー等用途が広いです。

ここまでがコンセプトカーです。
トヨタは既発売車も人気でした。
ジャパンモビリティショー2023 トヨタ新型ランドクルーザー250
こちらのランクル実車は凄い人だかりで関心の高さがうかがわれます。
実物も素敵です。黄色が新しく見えます。
ジャパンモビリティショー2023 トヨタ新型クラウン 新型センチュリー
最後は新型クラウンと新型センチュリーです。
クラウンはもはやクラウンじゃないクロスオーバーカーに、
センチュリーは一度は乗ってみたい人が乗るのをまってました。
1品毎手作りのエンブレム実物も素敵でした。

以上流石トップメーカーのトヨタブース、本当に全方位の圧巻の電動化戦略でした。
但し個人的には次に乗り換えたくなる様なBEVは未だ無いように思いました。
今後に期待しましょう。


トヨタ出光 全固体電池 電気自動車BEV

➡︎□トヨタと出光協業による全固体電池量産は、2027年から


米国産EV


➡︎□トヨタ2025年に米国でEV現地生産に

ホンダEV投入計画2023 GSユアサと国内新規工場建設

➡︎□ホンダもGSユアサとの国内電池工場に経産省から大型補助金をゲット!

BYDのリン酸鉄リチウムイオンバッテリー ブレード式バッテリー


➡︎□BYDついにテスラにリン酸鉄リチウムイオン電池納品か?


テスラ対トヨタ

➡□トヨタbz4xの致命的なバッテリーマネジメントシステムに関する新らたな指摘記事はこちら


EVの駆動電池2分化 ハイエンドは全固体電池にローエンドは廉価リチウムイオン電池

➡︎□EVはハイエンド全固体電池 ローエンドリチウムイオン電池に2文化?


全固体電池 日産

➡︎□全固体電池搭載EVの開発熱


三菱加藤CEO社長

➡︎□三菱加藤CEOが見ている全固体電池の導入時期

全固体電池プロジェクト NEDO

➡︎□全個体電池のオールジャパン開発チーム

一般社団法人「電池サプライチェーン協議会」EV用電池で官民タッグ


➡︎□EV電池確保への官民30社タッグBASC


全固体電池とは?

⇒□リチウムイオン電池の限界と、次に来る全固体電池

全固体電池

➡︎□2016年記述 液体が入っていない!?夢の全固体電池とは
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する