fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

電動車両業界の逆を行く顔立ち?スバル 新型フォレスター

電動化が遅れている会社の代表がスバルです。
葛根急遽BEVの開発に注力するという中期計画が出されましたが、
足元で6代目フlォレスターは、バリバリの内燃機関パワートレイン1本でした。
しかもその顔つきは大型グリルの「エンジン車感」が半端ないものです。



 2023年11月17日、米国スバルは6代目となる新型「フォレスター」を世界初公開しました。
 ロサンゼルスオートショー2023でお披露目されたモデルには、どのような特徴があるのでしょうか。

「森に住む人」を由来とするフォレスターは、1997年に初代、2代(2002年)、3代目(2007年)、4代目(2012年)、5代目(2018年)とモデルチェンジを繰り返してきました。
 フォレスターは、30年近くにわたりスバルのベストセラーの1つであり、米国市場だけで260万台以上が販売されています。

 新型フォレスターの米国におけるグレードは、ベース、プレミアム、スポーツ、リミテッド、ツーリングを設定。

 ボディサイズは全長183.3インチ(約4656mm)×全幅72.0インチ(約1829mm)×全高68.1インチ(約1730mm)、ホイールベース105.1インチ(約2700mm)、最低地上高8.7インチ(約220mm)です。

 デザインはフロントに、コンパクトなLEDヘッドライトと一体化し、一体化されたシールド効果を生み出す大胆なグリルを採用したことが特徴です。

 またいくつかの空力性能の改善により、パフォーマンスと安定性が向上。

 具体的には前輪開口部の後縁にエアアウトレットを設けることで、ホイールハウスからの空気排出を向上させることで、前輪タイヤの浮き上がりを低減し、走行安定性の向上に貢献します。

スバル新型フォレスター2024北米

 インテリアには、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイを統合したマルチメディアシステムを採用。
 シートではサポート性の高いフロントシートのデザインにより、全体的な快適性が向上。さらにフロントシートの肩部分もスリム化されており、視界と後部座席にアクセスしやすくなりました。

 さらにリアバンパーカバーに足を入れるだけで自動でリアゲートを開閉できる「キックセンサー式ハンズフリーパワーリアゲート」をスバルで初採用となっています。
スバル新型フォレスター2024北米

 パワートレインは、最高出力180馬力となる 2.5 リッター水平対向エンジンを搭載します。

 安全面では、最新のアイサイトを搭載する他、スバル車として初めて「アドバンスト アダプティブ クルーズ コントロール」の使用中にドライバーが警告に反応しなくなった場合に「緊急停止アシスト」が作動し、「SUBARU STARLINK Connected Services」が緊急サービスに通報する機能を採用しました。
スバル新型フォレスター2024北米

※ ※ ※

 なお米国での新型フォレスターの価格は、発売予定となる2024年春に発表されます。
スバル フォレスター現行5代目
(現行フォレスター、新型が大グリル化の方向がわかる)
➡□元記事に




そうですか、、「フォレスター」は「森に住む人」が由来なんですね!
もしそうだとすると、非常に環境問題に意識の高いコンセプトかもしれません
「SOLTERRA(ソルテラ)」に近い響きです。
しかし、会社の方向性とは相反して、6代目フォレスターは、エンジン車(HVでもない)で
登場です。
そして今BEVやHVで流行の「グリルレス」もしくは「グリルレス風」ののっぺりとした
顔つきとは一線を画す、大グリル化です。
グリルレス テスラ VoLvo ヴェゼル
エンジンがのっていないもしくは敢えて空冷の機能に頼らないグリルではなく。
如何にもラジエターでエンジンを冷やせそうな顔つきです。

200万台売れたのも、北米の雪国で、スバルの水平対向エンジンと四駆システムが評価された
結果だと思います。
現実的には、この雪国でのBEVの弱点問題は現状解決されていません。
6代目フォレスターが相変わらず人気だったりすると、北米のBEV化計画は
修正されるのでしょうか?
スバルにとって28年までの難しい経営判断が迫られます。



スバル 電動化と世界EV販売台数ランキング

➡□スバル28年までに7車種のBEVを発売

2022雪立ち往生 新潟

➡︎雪による立ち往生にはPHEV>BEV


トヨタ bz4x  スバル ソルテラsolterraの比較 違い

➡︎□トヨタbz4xとスバルソルテラの違いって何?


三菱自動車株価推移

➡︎□2020年ほんの3年前は今と違いスバル明、三菱暗だった。電動化とアジアが三菱を救う
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する