fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

祝!「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」に三菱『デリカミニ』 大賞はプリウス

恒例の今年の一台はプリウスに、
三菱デリカミニがデザインオブザイヤーに決まりました。



日本カーオブザイヤー2023 プリウス デザインオブザイヤーデリカミニ
2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したトヨタ プリウス

日本を代表する「今年のクルマ」を決める「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は12月7日、最終選考会・表彰式を開催。ノミネートされていた10ベストカーの中から、新型トヨタ『プリウス』が栄冠に輝いた。プリウスとしては3度目の受賞となる。

2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤーおよび部門賞を受賞した4モデル

また、輸入車の中で最も優秀な車である「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」は、BMWの『X1』が受賞。

部門賞の、秀でた内外装デザインを持つクルマを表彰する「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」は三菱『デリカミニ』、革新的な環境・安全その他技術を備えたクルマを表彰する「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」には日産『セレナ』が選ばれた。日産と三菱は昨年度、日産『サクラ』/三菱『eKクロスEV』で日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。両社とも2年連続の快挙となった。
三菱スターキャンプ2023朝霧 デリカミニ コールマンコラボ

さらに「日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞」は、新しいモビリティの未来を提示し111万人の来場者を集めた「ジャパンモビリティショー」などが評価され、日本自動車工業会が受賞した。

「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、2022年11月1日から2023年10月31日までに発表または発売された乗用車が対象。44回目の開催となる今年度は、国内外の全34モデルがノミネートされた。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により選ばれた「10ベストカー」(今年度は11台が選出)の中から投票により決定した。開票の様子は公式Youtubeでライブ配信され、多くの自動車ファンがその様子を見守った。

5代目となる新型プリウスは今年1月に発売。燃費性能が高いハイブリッド車のパイオニアとして市場を開拓してきたプリウスだが、新型ではコンセプトを大きく変え、スポーツカーのようなデザインや走りを特徴とする。その革新性や動的性能が評価された。また、プリウスとしては過去に、初代(第18回 1997-1998)と3代目(第30回 2009-2010)が日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、今回が3度目。

「2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考結果、および部門賞の一覧は以下の通り。

●2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー:トヨタ・プリウス
●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW X1
●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱 デリカミニ
●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産 セレナ
●日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞:日本自動車工業会

➡︎□元記事に



デリカミニ良かったですね!
お客様に褒められるのはもちろんですが、こういう
社外の機関に評価されるのはメーカー冥利に尽きますね。
ekシリーズと違うデザインのクルマにする決断をした加藤社長と
それを「やんちゃ坊主」というコンセプトで実現した
三菱松岡氏におめでとうございますと申し上げます!

カーオブザイヤーのプリウスといい
改めてクルマにとっでデザインが如何に重要か
痛感する年の瀬です。
来年はどんなクルマが出るか楽しみです。

三菱グッドデザイン賞2023 デリカミニ トライトン エクスフォース

➡︎□2023グッドデザイン賞も受賞

三菱加藤社長 十勝アドベンチャートレイル


➡︎□何故デリカミニは、ekとは違うデザインで開発できたのか?がわかる記事

グッドデザイン賞2020

➡□新型アウトランダーPHEV発売前にグッドデザイン賞2021受賞

三菱デリカミニ デザイン 三菱松岡氏

➡□デリカミニデザイナーインタビュー「やんちゃ坊主」に決めた理由

三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton


➡□タイで公開された新型トライトン 代表色の「ヤマブキオレンジメタリック」がナイス!!

Mitsubishi Xforce 三菱エクスフォース PHEVの可能性 エクリプスクロス比較

➡□三菱小型SUVエクスフォースに電動パワートレインは載せられるのか?考察

三菱ダイナミックシールドデザイン エクスパンダークロス ekクロススペース 新型ミラージュ
MITSUBISHI三菱ダイナミックシールドデザイン比較トレンドdynamic sield design
(このころは、三菱車の顔はみんな同じに集約していく傾向でした)
➡□三菱ダイナミックシールドデザインの進化2020年記述

三菱ダイナミックシールドデザインの系譜


➡︎◻︎個人的見解 三菱ダイナミックシールドデザイントレンド
日本車の怖い顔化

➡︎◻︎日本車の「怖い顔」化について考

ブーレイ顔

➡︎◻︎ブーレイ顔の原点はここにあった!時代を築いた三菱車展
オリビエ ブーレイ

➡□オリビエ・ブーレイ氏
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する