fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

将来のスタンダード?G(タンクターン)を披露したメルセデスEQG

ここにきて、世界の電動車両の進化として
大きなトレンドが顕著になってきました。
アイミーブやリーフが登場し、トヨタがプリウスでHVを投入した頃は、
フロントもしくはリアのシングルモーター、
アウトランダーPHEVが登場後、テスラやトヨタが追従してきたのが前後両方に配置された
ツインモーター。(これにより4輪駆動電動車両が主流に)。
そして遂に、リアに2モーターを配置したトリプルモーター、
更には4輪全部の車軸にモーターを搭載したクアッドモーター車が登場し始めました。
これにより、左右対になったモーターを逆転させる事で、
トリプルモーターであれば「斜め走り」「蟹走り」
クアッドモーターであれば「タンクターン」「その場で回転」
(メルセデスは「ドーナツターン」と呼んでいます)
が可能になります。
これぞ、内燃機関でシャフトで物理力を配分するクルマとは全く異なる
動きが可能になるのです。

今回はメンテナンスのコンセプトカーが実現に近づいているという報告です。







メルセデスベンツは、SUV『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)の最新EVプロトタイプをCES 2024で初公開した。これに合わせて、米国ラスベガス市街地の公道を封鎖して、4台のプロトタイプが「Gターン」を披露している。

メルセデスベンツは、SUV『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)

メルセデスベンツは2021年9月、ドイツで開催したIAAモビリティ2021において、『コンセプトEQG』を発表した。コンセプトEQGは、メルセデスベンツ伝統のオフローダー、GクラスのEVを示唆したコンセプトカーだった。その後、市販バージョンの開発を進めており、2024年にデビューする予定だ。

メルセデスベンツは、SUV『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)

コンセプトEQGでは、各車輪の近くに、4つの電気モーターをレイアウトした。4個のモーターは個別に制御できるため、オンロードとオフロードの両方で独自の走行特性を発揮するという。また、ラダーフレームに内蔵されたバッテリーにより、低重心を実現していた。

メルセデスベンツは、SUV『Gクラス』(Mercedes-Benz G-Class)

メルセデスベンツは、現在開発を進めているGクラスの最新EVプロトタイプをCES 2024で初公開した。これに合わせて、車体にカモフラージュをまとった最新プロトタイプ4台が、米国ラスベガス市街地の公道を封鎖して、Gターンを披露している。Gターンとは、その場で360度回転するもので、大トルクのモーターを生かしたドーナツターンだ
➡︎□元記事に




三菱は、過去コンセプトカーで3モーターの三菱GTーPHEVコンセプト、
4モーターの三菱マイテックPHEVコンセプトを発表しましたが未だ
実車化には至っていません。
その間に、米リヴィアン、中国BYDなどが4モーターでタンクターンを、
GM電動ハマーが3モーターによるカニ歩きを実車で実現してしまいました。

三菱及び日本メーカーもこの流れには是非とも追いつかねばなりません。
次期アウトランダーPHEVのFMCにはモーター数が増えることは
必須条件だと考えます。
三菱伝統の四駆制御技術が活きると思われるからです。
期待しましょう。

ジャパンモビリティショー2023 BYD仰望 U8 タンクターン

➡︎□既に実車でタンクターンが可能なBYDのU8


BYD高級オフロードEV「仰望」U8



リヴィアン R1T タンクターン
(写真は 米リヴィアン社のR1T)

三菱 マイテック コンセプトPHEV ガスタービンMitsubishiMotors mitech

➡︎□三菱が今後追求すべきはクアッドモーター化か?
➡︎□4モーター採用の三菱マイテックPHEVコンセプト

次期アウトランダーPHEV GT-PHEVconcept

➡︎◻︎三菱GTーPHEVコンセプト、トリプルモーターについて
左右のモーターが一体の制御装置であるインバーターを挟んで設置されている様に見えます。

ハマー トラックEV トリプルモーターカニ歩き


➡︎□電動ハマー3モーターによるカニ歩き
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Re: ゆゆゆさん

コメントありがとうございます。
アウトランダーPHEVの次のフルモデルチェンジには、
最低3モーター、望むならば4モーターが必然な気がします。
今は独、韓国、中国に先行されていますので、
パジェロ、ランエボから脈々と受け継がれている
S −AWCの電動究極形を実現して欲しいものですね。

gieron | URL | 2024-02-10(Sat)11:37 [編集]


戦車のようにその場で回転できる技術は良さそうですね!最近は車体が大きく取り回しが悪い車種も増える中、特に4駆が多い三菱は恩恵が大きそうです
インホイールモーターなどの技術は辞めてしまったのでしょうか?個人的に三菱は先進的なイメージがあるのでどんどん先に進んで欲しいです!!

ゆゆゆ | URL | 2024-02-08(Thu)21:07 [編集]