fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

まもなく日本に上陸!? 全長4.1mのジープ最小コンパクトSUV 新型「アベンジャー」PHEV

今日は、元はアメリカで生まれ、クライスラーを経て
今はフィアットを含むステランティスグループとなったジープ
電動車両を紹介します。
個人的にデザインが素晴らしいSUVとなっています。




ジープ「アベンジャー」は2023年1月からヨーロッパ市場に向けて投入されているモデルです。日本国内では耳慣れないモデルですが、どのようなクルマなのでしょうか。
ジープのなかでも最小モデル! アベンジャーの日本導入は?
 ジープ「アベンジャー」は、ヨーロッパ市場向けに2023年1月にデビューしたコンパクトSUVモデルです。

ジープ アベンジャー EV PHEV


 登場当初は156馬力・260Nmを発生するモーターを搭載し、前輪を駆動するEV電気自動車)モデルのみで、搭載されるリチウムイオンバッテリーは54kWh、WLTPモードで最大400kmの航続距離を誇ります。

 新型アベンジャーは「Selec-Terrain(セレクテレイン)」とヒルディセントコントロールを標準装備。アプローチアングルとデパーチャーアングル、そして最低地上高200mmの確保など、ジープモデルらしくオフロード走行にも対応するといいます。
ジープ アベンジャー EV PHEV

 そんなアベンジャーのボディサイズは「レネゲード」よりも小さく設計されているため、ジープのラインナップのなかでもっとも小ぶりなボディが特徴となっています。

 ボディサイズは全長4084mm×全幅1776mm×全高1528mm、ホイールベースは2562mm(欧州仕様)というコンパクトSUVとなります。

ジープ アベンジャー EV PHEV
  2023年11月には、欧州で2024年モデルが登場。

 従来のEVに加え、プラグインハイブリッド(PHEV)の「アベンジャー e-ハイブリッド」が追加されました。これはEVと内燃エンジンモデル(ICE)を補完するモデルで、1.2リッター3気筒ガソリンエンジンに48Vのリチウムイオンバッテリー、そして6速デュアルクラッチ電動ギアボックスが組み合わされます。エンジン単体出力は100馬力・205Nmとなります。

 このギアボックスには21kW(約28.5馬力)・55Nmを発生するモーター、インバーター、そしてトランスミッションユニットが組み込まれており、コンパクトさと効率を最適化します。
ジープ アベンジャー EV PHEV

 さらにガソリンエンジン車(ICE)も用意。このモデルはe-ハイブリッドと同じ1.2リッター直列3気筒ガソリンエンジンを搭載、100馬力・205Nmを発生、6速MTが組み合わされます。



 各国市場で展開されるパワートレインは異なり、イタリアやスペインではガソリンエンジンを搭載したプラグインハイブリッド車を導入。その一方でイギリスなどではEVのみ導入するなど、各国の市場状況に合わせて投入されています。

 エクステリアはジープらしい力強いルックスが印象的で、象徴的な7スロットグリルや膨らんだフェンダー、台形のホイールアーチを装備し、角ばったデザインがオフローダーとしての存在感を与えます。

 フェンダーも張り出している一方で「ラングラー」などと比較すると流れるようなデザインになっていることから、近代的な街中でも違和感がないスタイルです。
ジープ アベンジャー EV PHEV

 インテリアはラングラーのものを彷彿とさせる水平基調のデザインを採用。ダッシュボード中央には10.25インチのタッチスクリーンが設置され、機能性も高い内装に仕上げられています。

ープの広報担当者は、導入時期について、次のように話します。

「新型アベンジャーは2024年内の導入を予定しておりますが、時期は未定となっています」

 また、現在ではPHEVとEVの2モデルがラインナップされるなか、日本導入はどのパワートレインを導入されるのでしょうか。

 前出の担当者は、「まずはEVを予定しております」と話します。

 このように、ジープ最小モデルとして日本に導入されるアベンジャーは、まずEVが登場する予定です。PHEVモデルの導入に関しては未定だといいます。
➡□元記事に



PHEVパワートレインはエンジンが1.2リッターで車格も小さめなので
アウトランダーPHEVの直接競合としてはやや見劣りしそうですが、
個人的にジープ伝統の縦にスロットルが7本走った
「セブンスロットル」を現代風にアレンジしたフロントデザインは
非常にカッコいいと思います。
これをベースにした、ワゴニアなどの電動大型SUVが出てくると、
きっとアウトランダーPHEVの直接競合になると思います。

ステランティスは、電動車両の開発に注力しているので、
今後のパワートレインの進化にも注目です。


ジープ『ラングラー4xe』(Jeep Wrangler 4xe)PHEV

➡︎□ジープ ラングラーPHEVのセブンスロットル

ジープ「ラングラー アンリミテッド ルビコン 4xe」PHEV

➡︎□ジープラングラー最上位「ルビコン」PHEV

ジープ ワゴニアS

➡︎□100%EV化を表明したジープのBEV続々、、

JEEP PHEV ジープ グランドチェロキー 4xe PHEV

➡︎□凄い登坂力!ジープチェロキーPHEVについて

ステランティスグループ EV電動化計画

➡︎□ステランティスグループの電動戦略

ジープ「ラングラー4xe」PHEV

➡︎□ジープラングラーのPHEV 2022年発売予定

ジープ レネゲード 4xe 「Jeep Renegate 4xe」 PHEV

➡︎□ジープJEEPレネゲート PHEVについて


 レズバニ新型「VENGEANCE」

➡︎□世界一タフなSUVとは?

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する