fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

今更聞けないアウトランダーPHEVに家庭で充電しないで乗るってアリ?

小生アウトランダーPHEVに初期型から10年乗っていますが、
このクルマ機能が多彩なので、未だによくわかっていない事も
あったりします。
取説やメーカーの公式HPのQAに載っていない項目もあり、
他の口コミサイトなどで、素直な質問が交わされている事もあります


今日は、「アウトランダーPHEVに家庭で充電しないで乗るってアリ?」についてです。

三菱アウトランダーPHEV 充電
アウトランダーPHEVは、自宅で充電しないでもエンジンが積んでありますから
ガソリンさえあれば勿論走行することが可能です。
現実に、2022年の日経記事には「アウトランダーPHEVオーナーの実に4割が、
自宅に充電器がない状態で乗っている」というデータを載せていました。
マンションなどの充電器が設置できない環境で乗られているオーナーも多いとお察しします。


「可能か」という意味では勿論可能なのですが、
今日は個人的に申し上げます。
この世界に類を見ない「EV寄りのPHEV」パワートレインを搭載した
クルマは、家庭で充電してこそ真価を発揮するクルマです。
なので結論として「アウトランダーPHEVに家庭で充電しないで乗るはナシ」
とさせて頂きます。

三菱 新型アウトランダーPHEV 充電リッドMitsubishi outlander phev charge
一部オーナーの方に配慮して言い換えれば、
「アウトランダーPHEVは、是非とも家庭で充電して乗って欲しいクルマ」です。
理由は大きく言えば以下の3点です。
①アウトランダーPHEVのパワートレインは他社と異なり、「EVから派生した、
 EV寄りの」パワートレインである。


「アウトランダーPHEVに家庭で充電しないで乗るってアリ?」

 トヨタや独メーカーのPHEVが、エンジン寄りHV(エンジンをモーターが補助する
 考え方で作られた)であるのに対し、三菱は(アイミーブで培った駆動用モーターを
 「発電機として及び高速時の電費改善の為」のエンジンが補助する)EV寄りの
 PHEVです。
 なのでついこの前までトヨタはプラグインできるのが特徴のハイブリッド車両
 ということで「PHV」と名乗っておりました。
 一方で三菱はあくまでプラグインできるのが当たり前の「EV」にエンジンを乗せて
 ハイブリッドにしたという事で「PHEV」としています。
 クルマのサイドにあるエンブレムも「plug-in EV」とEVが大きくなっています。
 クルマの開発の思想が異なるということがわかります。
 なので、EVモードや、回生を使ったバッテリーに電気を返す仕組みなど、EVとして
 乗って気持ちがよく便利な機能が搭載されています。
 充電されていないとこの良さが充分発揮されません。
 
三菱アウトランダーPHEVの構造及 整備技術
 上の図を見てもわかる様に、アウトランダーPHEVは、低速では
 EV(バッテリーの電気だけで走る)様に設計されています。
 つまりバッテリーに電気がある前提で作られています。
 中速になると今度はエンジンが回転し、ジェネレーターにより発電し、
 バッテリーを経由してモーターを回してトルクの上乗せを行います。
(トヨタのPHEVよりも、エンジンの物理エネルギーをタイヤに伝える
 タイミングが大幅に遅い仕組みです。他社はエンジンが早く直結します)
 バッテリーに充分電気がある場合は、モーターが主の本来の補完関係ですが、
 電気がないと常にエンジンが発電し続けなくてはなりません。
 しかもエンジンは発電機の役目で、中々直結しないのが三菱の特徴です。
 上の図で言うと常に電池出力(緑)が不足している為、エンジンによる発電(紫)で、
 出力(トルク)を必死に補填し続けている状況になります。
 これが、三菱PHEVのEV寄りの良さを活かしきれていない状況です。
 あえていうなら充電しないならエンジンをモーターがアシストするトヨタのPHEV
 の方が適しているかもしれないという事です。(もしくは日産ePOWER)


②充電しないなら、アウトランダーPHEVの巨大な駆動用バッテリーは不要である

三菱新型アウトランダーPHEV 走行モード
 アウトランダーPHEVは、家庭用充電器でフル充電すればEV走行だけでかなりの距離を走れる様に
 20kWhもの巨大な電池を床下に積んでいます。
 これだけで200kgにもなる重量があるので、電池を使わないと無用の長物を積んでいることになります。
 常にエンジンで発電しながら走るのであればこんな大きな電池は不要です。
 通常のHV並みの小容量電池で充分です。
 重量で燃費も落ちるので、やはりプラグインして充電して走る様に大きな駆動用電池が積まれている
 と考えるべきです。
 この段階で、充電しないで乗るのはこのクルマではナシと言えると思います。
 バッテリーに電池があるからこそ、自動で適度にエンジンを回して発電シリーズ走行に、モーターをアシストしての
 パラレル走行に切り替わって、電費燃費を最適な状態で走ってくれます。
三菱 軽EV、アウトランダーPHEV エンビションAESCジャパン電池バッテリー
(アウトランダーPHEV GN0Wの床下にはEVと同じぐらい巨大なリチウムイオン電池が搭載されている)

③アウトランダーPHEVの駆動用バッテリーは、急速充電の繰り返しで劣化する


新型アウトランダーPHEV EVモード
 家庭用充電器が無くて、常に出先の急速充電器で充電して乗っておられる
 オーナーの方もいらっしゃるかと思います。が、、、
 基本的にお勧めできません。
 何故ならば急速充電だけを繰り返すと駆動用バッテリーの劣化が早まると言われているからです。
 勿論、三菱は8年容量66%を下回った場合、工場返送によるバッテリー交換の保証が付いています。
  しかし、それまで駆動用バッテリーの容量を下げながら乗るのも如何なものかと思います。
 PHEVにおける急速充電はあくまで、遠出などの臨時なものにしたいものです。
 スマホもバッテリー容量が落ちてくると、ハラハラするのと一緒です。
 チャージモードによる充電も非常手段で、エネルギーの無駄と言えます。
  さらに個人的には、自宅に充電設備のあるBEVオーナーの特権「ガソリンスタンドに行かないで済む」
 「毎回自宅から発進するときに駆動用バッテリーが満タンでスタートできる快感」を、
 少しでも多くのアウトランダーPHEVオーナーの方々にも味わっていただきたいという願いがあります。
 これによって、このクルマのすばらしさを活かしきれるからです。


最後にもう一度まとめます。
「可能か」という意味では勿論アリなのですが、PHEVブログ的には

「アウトランダーPHEVに家庭で充電しないで乗るはナシ」
とさせて頂きます。


➡︎□アウトランダーPHEV GN0Wの走行モードとEVモードについて

三菱新型アウトランダーPHEV GN0W 家庭用200V充電パナソニックヘキアS モード3 ブログ
(小生宅の自宅充電環境)➡︎□パナソニックのモード3家庭用充電器

テラチャージ EV充電器マンション設置

➡︎□テラチャージのマンションEV充電器設置、実質無料スキーム

日産・NEC・大京による「マンションにEV充電器設置プロジェクト」

➡︎□過去記事 EV普及にマンション管理組合のカベ 日経ビジネス

三菱新型アウトランダーPHEV(22型)カタログ POWER CHARGE&SUPPLY 充電

新型アウトランダーPHEV 200V家庭用充電ケーブル

➡︎□新型アウトランダーPHEVオーナーで自宅充電している人は6割!?(日経記事より)
マンション立体駐車場 駐車可能サイズ


➡︎□マンションにEV充電器つけたのに車重が重くて停められない落とし穴

三菱新型アウトランダーPHEV vs トヨタRAV4 PHV 比較 対決
➡︎□新型アウトランダーPHEV vs RAV4 PHV ベストカー誌で圧勝!

三菱 PHEV plug in hybrd EV プラグインハイブリッドEVのこだわり

➡□今更聞けないアウトランダーPHEV「EVとして乗るつもりで」心得3点

プリウスPHV

➡︎□今更聞けないPHVとPHEVの違いとは?
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する