fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

興味深い新型トライトン デザインナーインタビュー

今日は、
興味深い三菱新型トライトンのデザイナーの方の
対談がありましたので紹介します。



タフな1tピックアップトラックとして、世界約150ヶ国で販売されてきたトライトンが、12年ぶりに日本市場へ帰ってきました。アウトランダーやデリカミニで勢いに乗っている三菱デザインですが、この新型のスタイリングも好評です。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

そこで、内外装をとりまとめたデザイン本部の吉峰氏に、デザインの意図を聞いてみました。

●力強さだけでなく先進性も盛り込みたい

── まず始めに先代のデザインをどう評価、総括したかについて教えてください。

三菱 新型トライトン
(先代トライトン後期ダイナミックシールド採用後)
「先々代はかなりパッセンジャーライクなスタイリングだったのですが、先代ではアセアン市場を意識して、力強さを感じる造形やメッキパーツなどの派手さを加えました。後期には『ダイナミックシールド』を反映した表現としましたが、骨格自体は先々代の流用なので、やはり造形的には引きずった部分もありました。その点、新型ではプラットホームなどすべてを刷新できるので、タフな四角いイメージをしっかり出そうと考えました」

── そこで掲げられたデザインコンセプトが「BEAST MODE(勇猛果敢)」ですね。
新型トライトン デザイナー
「はい。高い四駆性能によって、次のステージへギアチェンジするイメージですね。タフネスだけではなく先進性も欲しい。マッチョとアスリートを組み合わせた感じでしょうか(笑)」

── パッケージですが、全幅が50mm、ホイールベースは130mmも拡大しています。

「全幅はフェンダーも含めた顔の立派さを出すことと、室内空間では肩回りを広げています。ホイールベースは、やはり強い踏ん張り感と後席の広さのためですね。それと、ヒップポイントを上げることで目線を高くしたほか、フードを厚くしたり荷室を広くすることができました」

●ダイナミックシールドは顔だけじゃない?

── フロントですが、今回はダイナミックシールドの表情をどのように考えましたか?

「単なる飾りではなく、実際のプロテクション感を重視しています。また、初期スケッチにあるとおり、今回は『顔』だけでなく車全体として考えていて、前後のブリスター、フロントフェンダーからドア下部へのラインなどもプロテクションの一部と捉えているんです」

── ランプの構成もかなり凝っていますが、どのような表情を意図したのでしょう?

三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

個人的に『ハンサムビースト』と呼んでいたのですが(笑)、単に整った顔でなく、100m先からでもこの車とわかる特徴を与えたかった。デイタイムラニングライトを鷹の目のような横型の3連とする一方、メインランプはT字の3連としました。当初の設計案では2連だったのですが、より広域に光を当てることと、個性的な表情の両立としてデザイナー側から提案したものです」

── ボディ側面では厚みを感じさせるドア面が特徴です。
新型トライトン デザイナー

「そこは初期スケッチの段階でも大きな流れが表現されていました。車の前後を走るラインを感じるよう、ショルダー部をギリギリまで張り出させています。同時に、ドア下部を大きく絞ることで上部の強さを引き出しました。ちなみに、サイドステップ表面のパターンはパジェロと同じモノで、水の流れがよく、凍りにくいモノになっているんです」

●変わりつつあるデザイナーのマインド

── テールランプは先代より大型になっていますね。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

「はい。立派に見えることと、もちろん視認性を意識したものです。内部のグラフィックのT字形は社内的に『Tシェイプ』と呼んでいますが、ボディのワイド感と同時に、実際の車幅を知らせる役目を持っています」

── ボディカラーでは、鮮やかな「ヤマブキオレンジメタリック」が印象的ですが、有彩色ではこれを含めた赤系のみの設定ですね。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

「カラーに関しては、現デザイン本部長(渡辺誠二氏)が強いこだわりを持っていまして(笑)、新色はバンブルビー=蜂のイメージで行こうと。黄色と黒という、特徴的で誰もが想起しやすい色ですね。色味ですが、実は欧州向けにはブルー系も用意しているんです。日本ではこのオレンジとソリッドのレッドの赤系が市場に合っていると判断されたワケですね」

── インテリアでは立体的な造形に加え、メタリック調のパーツが多用されているのが特徴ですね。
三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

「今回は飛行機のコクピットをモチーフとし、三菱独自のコンセプト『HORIZONTAL AXIS(水平な軸)』をより強化しています。車の傾きに対し、デバイスではなく直感で姿勢判断できる造形ですね。また、空調回りの金属調パーツは、気温が高いアセアン市場で涼しさを感じさせる意図もあるんです」

── 最後に。アウトランダー、デリカミニ、新型トライトンと、最近の三菱デザインは方向性が明快になってきたように見えますが、デザイン部では何か変化があるのでしょうか?

「前デザイン本部長(國本恒博氏)が敷いたレールに、現本部長がいい流れを作ったと言えるかもしれません。デリカミニもそうですが、欧州スタジオが手掛けたエクスフォースも高い評価をいただいていますね。ユーザーにリーチするカッコよさとは何か? そうした純粋でパワフルな志向がデザイナーのマインドを変えてきているのかもしれません」

── デザイン部が共通の目標を持てているワケですね。本日はありがとうございました。

(インタビュー:すぎもと たかよし)
➡︎□元記事に



個人的には、、
ヤマブキオレンジのインスパイア元はトランスフォーマーのバンブルビー!
トランスフォーマー バンブルビー
というのが一番納得いきました(笑)
トライトンよく見るとバンブルビーにトランスフォームしそうなデザインです。
初期スケッチも非常に興味深く拝見しました。
三菱らしさが良く表現できている全身ダイナミックシールドです。
正面から見て「平たくない」顔が鮫顔トヨタ車(プリウスやクラウン)とまるで異なります。
また、サイドは車体全体が分厚い感じが、ボディを絞ったように見える競合他車と
差別化されていて、三菱らしさを強調しています。
アウトランダーとも通じるところがありますね。いいですね!

東京オートサロン2024 三菱トライトンスノーシュレッダー カスタム



➡︎□新型トライトンはカスタムカーの人気ベース車になる可能性 雪国用スノーシュレッダー


三菱新型トライトン GSR GLS

➡□三菱新型トライトン公式発表 (価格付)


トラック 1ナンバー登録

➡︎□トライトンの日本での成功の鍵は「1ナンバー」登録か?

三菱新型トライトン 試乗GQ


➡︎□写真が上手いGQ誌のトレインレビュー

新型トライトンインタビュー 三菱加藤社長以下

➡︎□トライトン日本仕様はどうなる?三菱幹部インタビュー


三菱新型トライトン2023 all new Mitsubishi triton

➡︎□新型トライトン遂に公開(バンコク)
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する