'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

新型ダッジ「チャージャー」はトータル670馬力のEV

今日は一見これって三菱車?
ギャランEV?とも思えるクルマを紹介します。
実はアメ車ダッジです。マークが遠目で似てるんですね。




ステランティスの米国ブランド、DODGE(ダッジ)は2024年3月5日、2ドアクーペおよび4ドアセダンの「Charger(チャージャー)」をフルモデルチェンジ、新型を世界初公開しました。
ダッジ チャージャーEV

 チャージャーは初代が1966年に登場した、米国を代表するマッスルカー(ハイパフォーマンスカー)です。
 1982年に2代目に進化しましたが1987年に生産終了、その後長らく生産されていませんでしたが、2005年に3代目が後輪駆動モデルとして復活しています。現行型チャージャーは2011年に登場した4代目です。
 日本でも2007年に正規ブランドとして初上陸、SUVの「キャリバー」ジープ・チェロキーのダッジデザインとなる「ナイトロ」FFセダンの「アベンジャー」とともに、431馬力を発生する6.1リッターHEMIエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデル、「チャージャーSRT8」も導入されました。
ダッジ チャージャーEV

 その後、2009年にクライスラーが本国で日本の民事再生法に相当する米連邦破産法11条の適用を申請したことにともない、その後のモデル投入などは凍結された結果、2011年には日本市場から撤退しています。

 今回米国で世界初公開された5代目となる新型チャージャーは、全モデル全輪駆動(AWD)が標準装備となります。
 注目は世界初となる「完全電動マッスルカー」である「チャージャー デイトナスキャットパック」および「チャージャー デイトナ R/T」が用意されたことです。。
ダッジ チャージャーEV

 これはステランティスが開発した「STLAラージ」プラットフォームを採用した初のモデルで、パフォーマンスモデルのデイトナスキャットパックは最大670馬力を発生。0−90mph(約96km/h)加速は3.3秒を想定しており、世界最速かつもっとも強力なマッスルカーの称号を維持するといいます。
 ダッジブランド初の完全電気自動車(BEV)で、400Vプロパルションシステムを採用、従来のV8エンジン+S/Cなみの性能を実現しています。

ダッジ チャージャーEV


 前後に電動ドライブモジュール(EDM)を搭載するAWDモデルで、それぞれインバーター/ギアボックス/モーターを統合した3-in-1アーキテクチャを採用、前後のEDMともに335馬力・300lb-ft(約407Nm)を発生します。
 リチウムイオンバッテリー容量は100.5kWhです。これにより、新型チャージャー デイトナR/Tは 517マイル(約832km)以上の航続距離を実現すると想定されています。また高性能モデルの新型チャージャー デイトナスキャットパックは420マイル(約676km)となる見込みです。

 また新型チャージャー電動モデルには、特許出願中の「Fratzonic Chambered Exhaust (フラッツニック・チャンバードエキゾースト)」を初採用。これはBEVにもかかわらずヘルキャットレベルの独自の排気プロファイルを作成、静かだというBEVの概念を打ち壊し、マッスルカーにふさわしいサウンドを提供するもので、特にサーキットや高速走行時にドライバーにフィードバックを提供します。
 ステランティスのダッジブランド最高経営責任者、ティム・クニスキス氏は「電動化されたダッジ・チャージャー・デイトナスキャットパックは、チャージャー・ヘルキャットレッドアイレベルのパフォーマンスを提供し、世界初のフラッツニック・チャンバード・エキゾーストによってその存在感を示します。一方、ハリケーン・エンジンを搭載したダッジ・チャージャー・シックスパック・モデルは、より優れた馬力を生み出すガス・オプションをブラザーフッド・オブ・マッスルに提供します。次世代のダッジ マッスルが登場しました」とコメントしています。

ダッジ チャージャーEV


 BEVの新型チャージャー デイトナの2ドアクーペバージョンは、2024年中旬から生産が開始される予定です。また4ドアモデルは2025年第1四半期から生産される予定となっています。

 新型チャージャーは、オンタリオ州にあるウィンザー組立工場で生産されます。
➡□元記事に


このフロントエンブレム、対向車が走ってきたら
日本ではきっと三菱スリーダイアモンドと思いますよね。
このクルマなんかを見ると
三菱の往年の名車もBEVで復活させてほしいと思ってしまします。

それにしてもステランティスグループのブランドフォーメーションは、
見事だ場と思います。
大衆車の、プジョー、フィアットから始まって、
アウトドアのJEEP
スポーツカーのランチア
そしてマッスルカーのダッジまで、
これを全部共通のBEVプラットフォームで出してくるので
お客様側から見たら楽しく選べます。

ランチア イプシロンEV

➡□ステランティスグループのランチア イプシロンBEV

ステランティスグループ EV電動化計画

➡□ステランティスGの電動化計画

第49回NFLスーパーボール

➡□マッスルカーのCMが多く流れる米NFLスーパーボウル

ギャランGTO

➡□三菱ギャランGTO
三菱 ランサー セレステ

➡□三菱ランサーセレステ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する