'
fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

いすゞ ピックアップトラック「D-MAX」EVモデル、2025年欧州発売

今日は、日本の他のメーカーが提案できていない電動ピックアップトラックです。
そしてこのブログでは取り上げが少ない、「いすゞ」のクルマです。


日本ではトラックやバスのメーカーとしてなじみ深いいすゞ自動車だが、海外ではピックアップトラック「D-MAX」が絶大な支持を得ており、100カ国以上の国と地域で販売されるグローバル戦略車だ。現行型D-MAXは3代目にあたり、2019年10月に発表され、2023年10月に大幅改良を受けている。
生産はタイの泰国いすゞ工場(IMCT)で行われており、累計生産台数は前身モデルやOEMも加えると累計500万台にも及ぶ(2023年9月末時点)。そんなベストセラーカーにいよいよEVモデルが追加される。
いすゞ ピックアップトラック D-MAX EV


ピックアップトラックに求められるのは、まずなによりもタフな基本性能だ。EV化されても求められる基本性能は変わらない。いすゞはディーゼルエンジン搭載車に勝るとも劣らない走行性能と堅牢性、信頼性に加え、パワートレーンをすべて新開発して期待に応える。

前40kW/108Nm、後90kW/217Nmの最高出力/最大トルクを発揮するフルタイム4WDの駆動システムは66.9kWhの容量をもつリチウムイオンバッテリーによって駆動され、高い悪路走破性およびEV特有のリニアな加速感と、低騒音・低振動を両立させた。

また、既存ラインナップのディーゼルエンジンモデルと同等の使い方ができるよう、堅牢なフレームとボディの設計により高い牽引能力(3.5t)を確保している。

いすゞ ピックアップトラック D-MAX EV

発売は2025年中に開始する予定で、まずはノルウェーをはじめとする欧州の一部から開始。続いて、英国や豪州、タイなど他のエリアについても各国、地域のクルマの使われ方やインフラの整備状況などを踏まえて展開していく。なお、同車に関する価格や詳細な情報は、バンコク国際モーターショーでの公開後に順次発表される。

いすゞ ピックアップトラック D-MAX EV


駆動方式:フルタイム4WD
バッテリー種類:リチウムイオン
バッテリー容量:66.9kWh
モーター最高出力:システム総出力130kW(前40kW、後90kW)
モーター最大トルク:システム合計325Nm(前108Nm、後217Nm)
最高速:130km/h以上
最大積載量:1000kg
最大牽引能力:3.5t
➡□元記事に
いすゞ ピックアップトラック D-MAX EV




いすゞは、日本では商用トラックのイメージですが、
東南アジアではバンバンピックアップトラックが個人用で走っています。
一方で日本では商用トラック、エルフEVの開発と普及に力を入れています。
このノウハウが合体したのがこのD-MAX EVということで、
日本の他のメーカーが提案できていない電動ピックアップトラックです。
なかなか良いと思います。
このジャンル未開拓なので
三菱トライトンも負けじと電動化を検討してほしいところです。



テスラ サイバートラック 納車発売

➡□テスラサイバートラックの納車北米で開始

FORD ピックアップトラックEV フォード『F-150ライトニング』(Ford F-150 Lightning)

➡︎□フォードFー150ライトニング過去記述 前後に巨大なラゲッジ
米リビアン社 『R1T』リヴィアン

➡︎◻︎GMが買い損ねた米「リヴィアン」社の電動トラック


いすゞ EVトラックをヤマト運輸に

➡□日本のEV化は小型トラックから進可も?いすゞあり




ゴック ズコック

➡□いすゞのカッコよすぎるコンセプトカーはまるでズゴック?

いすゞ ビークロス

➡︎◻︎いすゞのカッコいい名車「ビークロス」



ジョルジェット・ジウジアーロ デザイン
ジョルジェット・ジウジアーロ デザイン

➡︎◻︎今更ながらジウジアーロのデザインがすごい
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する