fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

2015年市販予定「水素燃料電池車対決」HONDA FCEV vs TOYOTA FCV

HONDA FCEV CONSEPT
HONDA本社ビルショールームへ行ったら
究極のクリーンカー燃料電池車FCEV用のパンフレットを
頂きました。遂に2015年デビューと書いてあります!
HONDA FCEV CONSEPT
水素タンクを積んでいて、「燃料電池スタック」という装置で
これを電気と水に分解し、電気でモーターを回して走るEVです。
(エンジンは積んでいません)
排出するのは、水だけという究極のエコカーです。

燃料電池スタックの中では、
「水を電気分解すると、水素と酸素になる」の逆を行っているそうで
「水素と、空中にある酸素を結合させて電気を作る(同時に水を排出)」
という化学反応が行われるそうです。
文科系には詳しくはわかりませんが、何だか成る程!

HONDA FCEV CONSEPT
水素ステーションがあれば、
5人乗りのクルマが3分でフル水素充填できて
しかも航続距離は何と700キロ!
(既に埼玉県庁で実証実験中だそうです)
2015年FCEV発売が楽しみですね。

HONDA FCEV CONSEPT VS TOYOTA FCV CONSEPT
燃料電池車はトヨタも2015年に
同様の東京モーターショーで発表したFCVというクルマを
市販予定です。
こちらは4人乗りですが、同様の700キロ走るクルマです。
デザインの新世代感もホンダと張り合っているので
、水素ステーションの普及などにおいては協力しあいながらも、
かなり意識しあっているイメージです。

さてさてクルマの燃料は、石炭→ガソリン→電気→水素
という風になるのでしょうか?
電気は水素への繋ぎに終わるのか?
それとも充電スポットの普及や
リチウムイオン電池の進化などによって、EVが市民権を得るのか?
クリーンディーゼルなどの技術開発で
結局ガソリン主体の世界は変わらないのか?

何れにしても、世界の環境問題は待ったなしです。
楽しい自動車産業がこれからも発展しながら、
環境対応車へのシフトが進むといいですね。



→トヨタ FCV見ましたへ
→ホンダ FCEV見ましたへ
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する