fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

横浜山手西洋館は、実は心地よい癒しスペース。ブラフ18番館編

ブラフ18番館
横浜の石川町から山側にのぼったところにある山手エリア
には西洋館が保存展示されています。
一番西エリアとなる、イタリア山庭園の中に「ブラフ18番館」と「外交官の家」
の2館があります(下記MAP Aゾーン)
今回はそのうち「ブラフ18番館」の訪問記です。


イタリア山庭園の一郭に移築されたブラフ18番館は、木造2階建。
フランス瓦の屋根、暖炉の煙突、ベイウィンドウ、上げ下げ窓と鎧戸、
南側のバルコニーとサンルームなど、震災前の外国人住宅の
特徴を残しながら、外壁は震災の経験を生かし、防災を考慮した
モルタル吹き付け仕上げとなっています。
本館につながる付属棟は、貸し出しスペースとして市民に利用されています。


御覧のようにモルタルの壁と、窓・鎧戸が象徴的な美しい外観です。
ブラフ18番館
100年前のピアノが展示されており、時にはここで演奏もあるようです。
ブラフ18番館

古い建築物の展示は、見て回るのはいいのですが、家具などは触ったり座ったり
出来ないところが多いのですが、こちらは家具も再現したレトロっぽいものが置いてあり
サンルームのソファや設置されている肘掛つき椅子などは
実際に座って休憩することができます
なので、この落着いた空間を楽しみながら、ゆっくりすることも可能です。
(特に観光の人が少ない午前中(9:30開館 入館無料)は狙い目です)
近所の方か新聞をここで読んでおられる方も(うらやましいです)
お散歩の休憩に、2階のガイドブックが置いてある部屋は、横浜観光の作戦を練るのにも
便利です。
山手西洋館MAP
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する