fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

水素燃料電池車の来年度補助金は何と「200万円以上!」でトヨタFCVの実価格は500万円を割る?!

燃料電池車 補助金200万円以上に
今朝のNHKでかなりインパクトがあるニュースが流れました。
エコカーの普及には素晴らしいニュースなので転載ご容赦下さい(._.)


次世代のエコカーとされる燃料電池車を普及させるため、
経済産業省は、消費者などが購入する際に車1台当たり
200万円以上を補助する費用を来年度予算案の
概算要求に盛り込む方針を固めました。


どひゃ〜〜っ!!これは経産省大きく出ました!
燃料電池車推進にかなりの本気度が伝わります。
EVの補助金が当初100万円近くあったことを考えても
その倍以上の補助金ということで、トヨタ等のロビー活動の
成果でもあるかもしれません。
軽自動車が2台買える補助金額です。
さてこれで700万円で年末発売と報じられているトヨタの「FCV」は
実質補助金を入れると500万円以下で購入できることになります。
(豊田市などは既に自治体としての補助金を決めているところも。)
さて航続距離700km走る究極のエコカー「水素燃料電池車500万円」
果たして高いか?安いか? テスラモデルSより安く、BMWi3
と実質同じくらいの価格になってきました。
これは自宅のそばにたまたま水素ステーションが出来る方は
考えてもいいのでは?というゾーンではないでしょうか。
但し、本当の初物なので、個人購入では余程新しもの好きの方でないと
ちょっとリスクが多いような気がしてしまいます。
(EVや、HVの導入時の各社リコール状況などを鑑みても・・(。-_-。))
とは言いながらも、自分もかなりの新しもの好きですが(笑)
しかし先ずは弾みをつけるためには良いニュースです。
これでホンダも「FCEV」負けじとすぐに発売せねばなりません!
燃料電池車の補助金200万円以上に
そして経産省はクルマの購入以外にも、
水素ステーションの運営補助 110億円(ーこれは岩谷産業などが恩恵)
海外で水素を作って輸入する事業への補助38億円( ー千代田化、三菱化、三菱重工など恩恵か)
をそれぞれ予算化。
本気で新たなニッポンの強みにこの水素産業を育成しようと
しているのが予算からも見えます。
2025年には、ハイブリッド車と同じ水準の価格にというのが
今後の工程表の様です。
ユーザーには選択肢が広がっていいことです。
次の乗り換えの頃には、燃料電池車が選択肢の中に
入って来るのでしょうか?
各社の技術開発を楽しみにして待ちたいと思います。
HONDA FCEV CONSEPT VS TOYOTA FCV CONSEPT

➡︎◻︎ホンダFCEVvsトヨタFCV
➡︎◻︎来るか!水素エネルギー社会
➡︎◻︎トヨタFCV年内発売価格は700万円
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する