fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

日本で見ない 起亜自動車 ソウルEV (KIA SOUL EV)が既に韓国・米国で販売 

kia soul ev
日本で見ないけれど、頑張っている会社の中に韓国の
起亜自動車があります。
「SOUL」という5ドアハッチバック車に独自開発のEVパワートレイン
を積んだ「SOUL EV」がこちらです。
kia soul ev
注目!最後のイラスト
(ヒートポンプからヒントを得た、エネルギー消費を最小限に抑えた
ヒーター/クーラー・システムを開発。)

以下WIKIから転載させていただきました。


ソウルEV
2014年2月のシカゴモーターショーにてワールドプレミア。
翌3月11日、起亜は韓国国内において「ソウルをベースとしたEVを
4月より販売開始予定」とアナウンス、同年4月11日より同国内で販売を開始した。
ボディサイズはガソリン仕様と全く同じだが、ヘッドライトにはLEDを採用する。
81.4kwのモーターと27kwhのリチウムイオン二次電池を搭載し、それらにCVTを組み合わせる。
充電口は電動開閉式フロントグリルの奥に設置され、一回の充電で約148km走行できる。
充電時間は急速充電で24-33分、通常充電でも4時間20分ほどで完了する。
価格は4250万ウォン(416万円)だが、各自治体の補助金使用により
1.850-2.450万ウォン(181-240万円)程度まで安くなる。
夏以降は米欧市場にも投入し、年5000台程度の販売を見込む。


アウトランダー・テスラモデルS式の床下電池敷き詰め型、
フロントモーター搭載、フロントグリルに充電リッドはリーフ型です
結構いいではないですか!しかも補助後はお値打ち!

kia soul ev
インテリアのデザインは?という感じでしょうか
(SOUL自体がアメリカLA起亜でデザインされているらしいですが)
ECOインジケーターの表示はカッコいいです。
kia soul ev
こちらアメリカの自動車関連サイトに出ていた
本当に米国販売向けに量産されているの図。
(EVを量産している会社の写真は少ないので本気度がわかります)

kia sportage
最後は起亜自動車の人気車(ガソリン)スポルテージ「SPORTAGE」
の写真を載せておきます。
これが走っているのを上海出張の時に目撃したのですが
カッコ良かったです。(日本で見ないので特にインパクトありました)
こんなのにEVもしくはPHEVパワートレインが積まれたクルマが
でたら魅力的です。そうしたら日本発売も検討してみても良いのでは?
ガソリン車はブランド力がないので厳しいでしょうが
EVならば今はお客様の選択肢が狭いのでチャンスはあります。


➡□上海クルマ事情
➡□ヒュンダイ 次期燃料電池車イントラード
関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する