fc2ブログ

PHEV ブログ

アウトランダーPHEV乗りのブログです(自称 発売以来PHEVを最も長く乗り続けている男の1人)

初めての長崎出張 中華街で食べた長崎料理「ハトシ」「角煮饅頭」がうまし。

長崎 中華街
初めて訪れた長崎は、独特の雰囲気がある素敵な街でした。
1日でしかも短い時間だったのですが、長崎らしいところとして
夜の中華街と思案橋横丁を見ることが出来ました。
横浜や神戸の中華街とはまた趣が違って良かったです。
長崎 中華街 ハトシ 角煮 皿うどん

中華街では、大変美味しい長崎らしい中華料理を頂けました。
皿うどんは期待通りでしたが、初めて食べたのが
「ハトシ」と「豚の角煮饅頭」です。
やっぱりニッポンにはまだ食べたことがない郷土料理が
沢山あるなと実感しました。
長崎はプライベートでまた来てみたいです。

卓袱料理(しっぽくりょうり)とは、中国料理や西欧料理が
日本化した宴会料理の一種。長崎市を発祥の地とし、
大皿に盛られたコース料理を、円卓を囲んで味わう形式をもつ。
和食、中華、洋食(主に出島に商館を構えた阿蘭陀、
すなわちオランダ)の要素が互いに交じり合っていることから、
和華蘭料理(わからんりょうり)とも評される。

ハトシ(広東語 蝦多士)は、
主に東南アジアや日本の長崎で食べられている、食パンの間に
エビなどのすり身をはさんで、油で揚げた料理。

東坡煮(とうばに)は
長崎県の代表的な卓袱料理である。
豚肉をたれに漬け込んで煮込む前に、
一度水煮することで余分な脂が取り除かれている
饅頭に挟んで食す、豚の角煮饅頭がある。

皿うどん(さらうどん)は、長崎県の郷土料理。
名称からはうどんの一種と思われやすいが、
「かた焼きそば」や多くのものは中国の炒麺に近い。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する